スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界水泳

今日(現地時間では日曜日)最終日を迎えた世界水泳。
優勝こそありませんでしたが、全体の底上げは出来ていると実感させてくれる大会でした。

さて、日本人はこうした国際大会が好きです。
オリンピックが一番ですが、競技別の大会でも「国際大会」となると興味を持つ国民性があります。(男子バレーの様に低迷していると遠征している事すら気がついてもらえない場合もありますが)
単純に、世界一を感じるのが心地いいって言うのもありますが、日本以外の国を感じるのも又好きなんだと思います。

「こんな国もあるんだ」
「どこにあるんだろうこの国は」
「どんな国なんだろうこの国は」
1人の選手の背景にあるものを感じ取るのも面白いと思える気質を持っているんじゃないかと思います。
一番にならなければ注目はされませんが、背景にドラマがあれば一番じゃなくても注目します。

それもこれも「テレビ」という伝達媒体があればこその現象だろうとは思いますが、それでも、です。
オリンピックの閉会式で各国の選手が入り乱れて踊る姿や、観客席で肌の色に関係なく応援する姿を見ると「人としてあるべき姿」をそこに感じるのは感傷的過ぎるでしょうか。

日本がアジアで試合をすると、昨年のアジア大会でもあったようにかなりのブーイングを受けます。
それが単純に「強い日本」と言うものに対してならいいのですが、政治的な匂いを感じさせるような応援は悲しくなってしまいますよね。
まぁ、韓国と北朝鮮という「同じ朝鮮半島」を分けてしまっている現状は彼らの中でも非常に複雑で感傷的にならざるを得ない部分があるとは想像しますけどね。
それでも、「世界」は以前ほど遠くはないと思います。
政治家も、スポーツ選手も、市民も、自分達の言動を世界が見ていると思わなければなりませんよね。

それを考えると言論統制されてしまう政治体制って言うのは、もう現状では通用しなくなってきているのかもしれません。

私が生きているうちは難しいでしょうけど、「地球人類」というのを一人一人が感じながら生活していかなければならない時代もやってくるでしょうし、「宇宙での生活」が現実味を帯びてくればそれは嫌でも感じなくてはならなくなってくるでしょう。

宇宙から地球を見ると、国境なんてないんですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。