スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフェデ ブラジル戦

もっと、けっちょんけっちょんにやられちゃうのかと思ったら、ドローですって。

初っ端の加地君のゴールはオフサイドじゃないでしょう。と、一番近くに副審がいたにも拘らず言ってみましょうか。
あれが認められていれば3-2で勝っていたなと、ジーコと同じ事を思ったのも認めてしまいましょう。

さて、そんなブラジル戦。
ブラジルは「飛車角落ち」できてくるものと思ったのですが、現状でのベストメンバーでしたね。そんな彼ら、解説の清水さんもいっていましたが、決してそれぞれが難しいことをしているわけではないんですよね。レアルとか、欧州のクラブの“夏巡業”の試合を見ていても感じるんですが、強さって「極めて正確な基本」にあるんですね。
ボールを思った所にきちんと蹴る。
ボールを足元できちんと止める。
その技術の質が、チームとしてのベースにあるわけでその部分のちょっとした差が勝敗を分けるんだと思います。
大黒さんは「ブラジルは守備がゆるい」と言っていましたし、実際隙間はあったようにも見えましたが、彼らの凄さっていうのはやっぱり攻撃にあるわけで、両サイドがあれだけオーバーラップするって言うのは「攻撃は最大の防御」という意識があるからだと思われます。そして、本気で攻撃する時のスピードは本当に速いし、フィニッシュまで形を作っていましたよね。
その辺が違うんだろうなと感じます。
日本はいい形でゴール前までいっても、最後のパスをカットされる場面が多々見受けられました。

あのブラジルの攻撃を見て、ああ、ジーコはこういうのがやりたいんだろうなぁってのも感じましたが、なぜかルーズに感じた中盤は真似しないで欲しいものです。
確かに、迂闊に飛び込んでしまったのではかわされてピンチになるのはわかりきっている事ですが、ならば二人で確実にボールを奪いに行けばいい。チェックが早ければその分攻撃を遅らせることも出来て、攻撃の選択肢を狭める事が出来ますからね。

なんか、ブラジルの事ばっかりになっちゃいましたが、そんなブラジルのシュートを止めてくれた川口はいい感じでしたね。
確かに2失点はしましたけど、あれは仕方ないでしょう。誰がGKでもとめられないと思います。顔面でシュートを止めましたからね、いい気迫を感じました。

さて、昨日の弟分に続いて兄代表も残念ながら勝ち進むことは出来ませんでしたが、自分の足元を見詰める事ができたんじゃないのでしょうか。(みのさんはどうしてヒデをベテランって言っちゃうのかしら。恒さんが「30歳を超えるとベテランって言われるのが解せない」と言っていますけど、本当にそう思います。35歳過ぎたらベテランだとは感じますけど)

加地君にHSVが興味をもっただとかって記事もあるようですけど、今日の試合を受けて俊輔のスペイン移籍に加速がつくことを祈ります。

はぁ~、寝不足よ、さらば!(笑)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジーコジャパンはブラジルに2―2 (コンフェデレーションズカップ)

惜しかった!!----コンフェデレーションズカップ1次リーグの日本―ブラジル戦は2―2で引き分けた。ジーコジャパンは、1勝1敗1分となり準決勝進出はできなかった。----日本は内容的には、ベストゲームをしました。なにしろ、FIFAランク1位のブラジルと引き分けですか

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。