スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア

どんなスポーツでも世界選手権という大会は選手にとってとても大事な大会であるというのは間違いなくて、そこで優勝てなことになれば一般ニュースでも取り上げられるかもしれない大事になるわけです。

今、日本は稀に見るフィギュアスケートの円熟期にあるわけで、世間の注目度も非常に高いんですけど、今日の昼間のワイドショーに伊藤みどりさんが出演しておりました。
かの番組のコメンテーターにデラックスマツコさんという方がいるんですけど、この方、みどりさんの大ファンなんだそうです。話している事も、私が普段思っていることだったのでちょっと気分が良かったんですが、一つだけ異論があります。

「みどりさんの全盛期が今であっても、十分世界に通用する」byマツコ。

無理です。

昔、彼女が意地で三回転半を飛んだ時は、最初に入れるはずだったのをこけてしまったのでプログラムの中盤を過ぎてから無理やり入れてメダルと取りました。
何でそれが出来たかって言うと、今と採点方法が違うからです。
当時はまだ、全体の印象度で得点を出していましたからね。

今は一つジャンプに失敗したとしたら、そのプログラムの中での修正は相当難しいです。
男子ですが、織田信成さんがプログラムの前半で失敗したジャンプを後半で成功させたけど「同じジャンプを2回以上やってはいけない」みたいなルールに引っかかって減点されてしまったことがありました。例えばアクセルを飛ぼうとしたが転んでしまった場合、「三回転半ジャンプの失敗」って事で、単体での三回転半は一度飛んでいるからもう一回やっちゃいけないんです。やるならコンビネーションにしなくちゃならない。

今回の浅田さんは飛ぶ前に転んだんでやり直しはきくんですけど、如何せんプログラムがキツキツなんです。浅田さんに限らず、今のフィギュアの振り付けはステップでも相当加点要素がありますし、逆にそこをおろそかにしては得点は伸びません。

だから、みどりさんのスケートは今の時代では得点を伸ばすのが難しいんです。
まずビールマンスピンができない。
スパイラルのポジションで加点が期待できない。
ステップでの加点もあまり期待できない。

でも、私もマツコさん同様、彼女のスケートが大好きなんです。
手足が短いちんちくりんであろうと、どんなにお化粧しても美人には成り得なくても、あのジャンプは「芸術品」と呼べるものだと思っているんです。

結局、ジャンプって言うのは飛び上がってから着氷するまでに3回転すればいいんであって、ジャンプの頂点に上り詰める間に1回回ってしまう方が効率がいいのは言うに及びません。
「大して高く飛んでいるように見えないのに3回も回っているんだ」という印象を、みどりさんのジャンプを見慣れていると、他の方のジャンプの時に抱いてしまうんです。
みどりさんのジャンプは、非常に効率の悪いものでした。
上がりきってから回り始めるんです。

いや、これは極端な表現ですけど、とにかく高く飛んでいたんですよ、みどりさんは。
身長は低かったけど、筋肉は付いていたんで多分、重かったはずです。
飛ぶための筋肉だったんでしょうね。とにかく高く飛べた。
その分、着氷時に足にかかる負担は半端じゃなくて、捻挫はしょっちゅうで、ひどい時には確か骨折もしていたはずです。

タラ・リピンスキー、サーシャ・コーエンらの、ほっそりとしたプロポーションの流れに浅田さんやキム・ヨナさんもいると思うんですけど、伊藤さんみたいなジャンプを跳ぶ選手がもう一度現れないかと願っています。
加点要素の高いジャンプが見てみたいです。
“競技会”は、スポーツとして行われるんですから。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。