スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田さん。

岡田さんが、次期日本代表監督就任に前向きだというのは報知。
オジェックさんが第一候補として押してきたニッカンは、完全に出遅れましたね。

さて、協会がなぜ岡田さんでいくしかなかったのかと言う事。
オシムさん自身が健康不安を抱えていると言う事で、激務の代表監督と言うものに対して始めはあまり前向きではなかったという事があったにせよ、今回の発症はあまりにも突然で(つい前日まで練習を見学するなどして予兆が全くみられませんでした)、「次期監督」などというものを全く想定していなかったというのがまずあります。

“監督”などというものは成績次第ではいつクビが飛ぶかわかりません。
しかし、成績不振というのは予兆があるわけで、劇的に成績が変化でもしない限りフロントも「次はこの人」という動きはしておかなければならないわけです。
ですが、今回のような急な出来事になるとそうした“水面下の動き”はできないわけで、動きがあわただしくなるのもやむ終えないところがあります。

そして、時期的なもんだいって言うのもあるんです。
オシムさんが就任する時、協会は打つ手を間違えました。
確かに2006年始めには代表監督にはジーコが座っていたわけで、その時に次の監督の話をするのはジーコに対して本当に失礼だって言うのはわかります。
しかし、ジーコの後を誰に任せるのかって言うのは間違いなくやってくる問題なわけで、もし、本気でオシムさんをジーコの後にって考えていたのならばジェフと契約をさせるべきではなかったはずなんです。

まぁ…、この辺のくだりは私ごときテレビ観戦者が言うべきではないでしょうが、今回はそうしたJリーグのクラブと余計な摩擦は避けたかったって言うのはあったとおもいます。

ですから、名前が挙がっていたオジェックさん、西野さんは既に来季の契約をクラブとしてしまっていて(正式な契約じゃなくても約束はしていたでしょう)まず呼べなかったんだと思います。
現代表で大熊さん、反町さんがコーチとしてベンチに入っていますけど、彼らをそのまま監督にスライドさせるには実績が乏しすぎます。目の前に迫っているW杯予選を勝ち抜かなければならないので、あまり若い人を置くのはどうかという気もしますし、反町さんは五輪代表も兼任するようになってしまうのでまず無理でしょう。
そして、このW杯予選まであまりにも日がなさ過ぎることから海外の監督は呼びにくいって言うのがあります。国内事情に明るい人が望ましいでしょう。
そうなると日本人でフリーの人が最有力候補となるのかもしれません。
そんな人、どこにいます?

実績があるフリーの日本人って言ったら、岡田さんしか残っていないんじゃないのかしら。

本当なら、ファンの願いとしても、オシムイズムの後継者って言うのが理想ですが、現実的にそんな人は少ないわけだし、オシムさんはオシムさん以外にいないわけでやっぱり多少の方向転換みたいなものはあっても仕方ないのかなと思います。

じゃあ、岡田さんになってなにが変るのか?
わかりません。
わかりませんが、一つだけいえるのは新聞でも書きたてているように“千葉勢は減る”って言うのは確実だと思われます。
選手のパーソナリティも良くわかっている中澤、山瀬、今野は当確だろうとか書かれているんですけど、「俊輔より山瀬」って言うのはちょっと古いかなと思いますね。
そういうニュアンスの発言をしていた時と、今の俊輔では走りの質も量も変わってきていますから。
岡田さんだっておバカさんじゃないんです。今の選手の状況を良く見極めてくれると思いますよ。実際、協会のビジョンをきいていたっていいますし。

岡田さんが、「人もボールも動くサッカー」を目指すのか。
目の前のW杯予選をどう戦うのか。
待ってくれない代表のスケジュールに、私達ファンも泣いてばかりいられない状況なんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。