スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲とかボクシングとか。

亀田さんの話題がテレビを駆け巡っていますけど、世間はそんなに亀田さんに注目しているって事なんでしょうか?
実は私、亀田さんの試合ってちゃんと見たことないんです。

格闘技がキライなわけじゃないです。
五輪の種目になっているものは結構見るし、長州と藤波が元気に暴れていた頃の新日本プロレスは好きでしたしね。
確かに人気が低迷しているボクシング界において、今の“亀田人気”は願ってもないアイテムだったのかもしれないけど、それに乗っかるには私は年をとりすぎているのかもしれません。
どれほど派手なパフォーマンスをされても、結局ものを言うのは試合の内容であって、そこに魅力がなければ“人気”も上っ面だけのものとしか受け止められなくなるんです。

今回の「世界タイトルマッチ」ってのに私は全く興味がありませんでした。多分、野球を見ていたような気がします。サッカーの試合はなかったみたいだし。
あ、そうそう、BSニュースで結果を知ったんだっけ(笑)
後でダイジェストを見て、「なにを考えているんだろう、この子は」と思ってしまいましたね。
相手が思いの他強くて、自分の思うように試合を進められなくて、それこそ試合を投げちゃったのかなって印象です。

これがね、総合格闘技と呼ばれる種類のものだとか、あるいは完全にプロレスのリングであったなら“投げ”だろうとなんだろうと構わない所なんですけど、あくまでも“ボクシング”という括りの中に自分はいるわけで、そこでのルールの範囲の中で“どつきあい”をしなくちゃいけないんですよね。

面白いと思ったのは今朝のワイドショーで「これからも亀田の試合を見たいのか」って言う質問に100人中100人が「見たい」と答えていたんです。
見たいんだ、世間は。


そして、お相撲。
どっかのコメンテーターさんが「日本の伝統芸能としての道を探すべきじゃないのか」って言ってました。

え?
「伝統芸能」じゃなかったの?
言葉は正しくないのかもしれませんが、そういう類のものじゃなかったんですか?お相撲って。
外国人力士が増えちゃってそうした部分が薄れてきちゃっているけど、純粋な格闘技ではないと思うんですよ、お相撲は。
その、「伝統芸能」的な部分を日本人力士も当然きちんと理解をしなければならないし、当然、外国人力士の方々には文化的な背景からしっかりと教えていかなくてはならないと思うんです。
かの横綱は、あまりにも格闘家に特化されてしまっていたんじゃないかと思うんですよね。
私は相撲の歴史には全く明るくないので、小耳の挟んだ話ではあるんですけど、昔は「横綱」って言うのは名誉職的な部分があって、大関って言うのが最も強い力士の番付だったらしいです。
強いだけでいいんなら、「最強大関」でいいんですよ、多分。
横綱ってのは神事に携わる役職でもあったはずで、だからこそ今でも横綱には「品格」も求められるとしているんじゃないのかしら。

そして、明るみになってしまった相撲部屋でのしごき。
元時津風親方からしたら、絶対に「何で俺ばっかり」って感情はあると思いますよ。
てか、他でもやってるでしょうっていうのはファンならずとも心の中では思っているんじゃないんでしょうか。

過去に行われていた通りに処理をしたのに、なんで俺ばっかり。
他の部屋だって“厳しい稽古”はしてるのに、何で俺ばっかり。

スケープゴートにされちゃったという印象を抱く人も多いと思いますが、個人的には何もかもガラス張りにする必要があるのかって言うのも感じます。
ただ、相撲界に携わる人々って、結局元力士、ばかりじゃないですか。
相撲協会の経営に関わる人やなんかってのは少数でも外部の人が入る必要はあるのかなって感じはしています。
相撲界には相撲界のやり方があるのかもしれないけど、伝統を守るといっても、同時に時代の中で生きていかなければならないんですからね。


先日、アメトークで「昭和のプロレスを語る」芸人さんが、私が大好きだった時代の親日を語ってくれました。
紹介されていませんでしたが私はダイナマイト・キッドが大好きでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。