スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横綱って…。

朝青龍という横綱、単純に好き嫌いというだけでは済まされなくなっちゃいましたね。

日本の相撲界って独特の世界で、これは中にいた人にしかわからない部分っていうのが多すぎて、テレビ中継でしか“相撲”に接する機会のない私のような人間が何か語るのはおかしな事ではあるだろうと思いますし、テレビで報道されているような事が全くの断片的なことに過ぎないって言うのもわかりますから、そこから得ている情報で何かを語ってもいけないだろうなぁとも思います。

ただ、この事がモンゴルにも伝わっている状況を見るにつけ、申し訳ないけど“大相撲”って言うのは単なる格闘技ではないんだなと感じるばかりなんですね。

そもそも、相撲界に於いて「横綱」という地位は最高位ではありますけど、最も強いのは「大関」であると言われていたらしいです。時代の流れもあって、大関在位中に一定の勝率を納めた力士が上り詰めるのが横綱となるようになりました。
スポーツとしてはそれで充分なのですが、相撲界に於いてはそこに「品格」という一言が加味されてくるんです。横綱審議委員会ってのがあって、強い大関が本当に横綱として相応しいのかというのを見極める機関、なんでしょうけどここも人のやる所、やはり「それ相応の成績を収めたんだから横綱にしなくちゃならないでしょう」という世論があったりすると流されちゃうでしょうね。

朝青龍関の御両親が「日本人を横綱にしたいための仕打ちだ」と語っているらしいとの報道も流されているようです。
その昔、高見山というハワイ出身の力士がおりました。大きな体でお茶目な彼は人気者になりましたが、大関になるのも一苦労だったようです。勿論、彼が横綱になるのを良しとしない空気は角界にあったと聞きます。
数多の外国人力士が土俵に上がりましたが、多くが日本に馴染めず、角界に馴染めず国に帰っていったと思われます。そんな中で曙さんが横綱になりました。相当の頑張りだっただろうと思います。
が、かわいそうに彼も角界の全てを知っていたわけでもなくて、部屋を持つ仕組みを理解できずに角界を去らざるを得ませんでした。何でも教えるのが上手な人らしく、廃業時には残念がる声もあったはずです。
そうした先駆者達がいたからこそ、朝青龍も横綱になれたんだと思います。もし彼が「角界初の外国人力士」だったりしたら絶対に横綱にはなれていなかったと思いますよ。

日本人は、単なるスポーツ、巷で流行っている格闘技とは一線を画して相撲を見てきました。胡散臭い部分があるのを承知で、それ込みで認めてきている部分があるんです。
今の時代、「女人禁制」なんてほとんど死語となっていますけど、相撲界には歴然と残っているんです。こうした、時代遅れの部分も込みで、一つの文化として日本人の中に「大相撲」って言うのがあるんだと思うんです。

私は決して熱心な相撲ファンじゃありませんが、それでも朝青龍に対して若干の違和感を感じることがあるんです。
彼って場所と場所の間って大抵モンゴルに帰っていますよね?
毎場所って訳でもないと思いますし、確か奥さんがモンゴルの方なんですよね?うーん、仕方ない事なのかもしれませんけど、軽い違和感です。

てか、横綱だからそうした事まで目に付くだけなのかもしれません。
大関だったら誰も気にもとめないのかも。
そして、「一人横綱」だったから甘やかしてしまったって言うのを良く耳にするけど、そんな事ってあるのかしら。

まぁ、こうした問題が出てくるって言うのの根本に日本人力士が弱くなったってのがあるんでしょうけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。