スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3位決定戦の日韓戦。

非常に残念な結果になってはしまいましたが、冷静に振り返るとあれだけのチャンスに決められなかったのだから妥当な結果なのかなとも感じます。

私は、個人的に、ジーコ時代の代表のサッカーってそんなに魅力を感じていませんでした。優勝したものの、2004年のアジア杯にしても「どうして勝てたんだろう」と感じる優勝だったという印象なんです。
ま、魅力的なサッカーをしていても勝てるとは限らないのは今年のU-20のW杯を見ていてもわかることではあるんですけど、ジーコの時の代表のサッカーに魅力は感じませんでした。
ただ、負けなかったんです。
何故かといえば、あの時の代表選手は平均的な経験値が高かったような気がするんですよ。実際、準備期間が2年あったわけですからその間に親善試合やら予選やらとそれなりの試合数はこなしていたはずですからね。
気持ちの持って行き方っていうのも、上手く表現できていなかったのかもしれません。川口さんや中澤さんが頑張って鼓舞していましたけど、乗っかっていく選手は少なかったかもしれないですね。

で、かわいそうなのが羽生さんです。
今大会の“運のなさ”見たいな部分の象徴的な存在になってしまいました。ちょっと、精神的なダメージが大きく残りそうで気の毒です。
ただ、これを乗り越えて一回り大きくなって欲しいと願うのは見ているだけのファンの勝手な言い分です。

オシムさんとしては、本当はメンバーを変えたかったんだと思います。
でも、「3位以内には予選免除」って言うレギュレーションを後から聞いて疲労蓄積のメンバーで行かざるを得なかったのではないかと。


ただねぇ、「疲労の蓄積は判断力を鈍らせる」って言うのはスポーツ選手だけじゃなくて私達も日常生活で充分感じていることな訳で、最後の最後に移動でヘロヘロの選手たちが精一杯表現した「気持ち」だったかもしれません。

今、中西さんが「今の日本のサッカーはアジア向きではない」って言ってたんですが、それで納得しました。
自分の中で言葉にしきれなかった部分を表現してくれたんじゃないかった気がします。さすがプロ。
サッカーの世界にも「トレンド」ってのがあるんですよね。
日本という国と、日本人の持っている特性を活かしつつ、世界の「トレンド」をいかに取り入れていくのかって言うのが監督の役割でもありますよね。
これからはW杯予選が始まります。また、「過酷なアウェー」ってのが待っていますけどこの大会の経験を是非とも活かして欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。