スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年アジア杯。

オシムさん率いる日本代表は弱いのか。

プロスポーツの世界に属する人間は総じて負けず嫌いだと思われます。
老獪といわれるオシムさんにしても、マスコミに対して色々と予防線を張りつつも、本音では全ての試合で負けたくないわけで、今回だって口にこそしませんでしたが「負けなければ優勝」という思惑はあったと思います。
ですから、言い訳のような言葉の中にも本音もあるわけで、大会に対する準備不足、怪我人など監督という立場でも手の施しようがない状況もあったというのは言い訳の中でも理解を示してあげてもいい状況だったと思われます。
それと、今年に限ってアジア大会の開催が1年前倒しになっているって言う状況も差し引いて見てやってもいい現実なんじゃないかとも、私は思っています。
2連覇したトルシエ、ジーコ、それぞれの監督の時には準備期間は2年間あったわけで、両者とも「そこで結果が出せなければ解任」という世論がありました。

そんな中、中澤さんが印象的な言葉を残しています。
「今の代表では勢いは求められない」
これ、意味深ですよね。
ジーコが率いたアジア杯、正直言って私には優勝って言うビジョンはありませんでした。いや、勝って欲しかったですよ、勿論。
でも、どういう形で勝つのかって言うのがあまり見えなかったんです。
トルシエの時には、名波っていう絶対存在がありましたし、試合を見ていく中で彼がいるから大丈夫という印象を抱いてテレビを見ていられました。
2004年大会では俊輔がMVPになったわけで、彼の活躍があってこその優勝だとは思うのですが、力を見せ付けた試合って言うのは決勝の中国戦だけだったともいます。タイ戦は印象に残っていないんで。
薄氷を踏む思いで勝ちあがっていったこの大会はまさしく“勢い”で勝ちあがっていったんだと思いますし、チーム内でもその勢いを感じていたんでしょう。ヨルダン線のPK戦なんていうのも「負けてもおかしくない」試合をひっくり返したわけですから、そういう中で勢いをものにしていったんだと思います。
それを考えると、中澤さんの「勢いはない」って言うのはチーム状況を如実に表わしていたんだろうと思いますし、勢いがない中で勝ち上がるには「自分達の形」をきちんと表現していくしかないんじゃないかとも感じるわけです。
そういうチーム事情では決勝にいけなかったのは必然かもしれません。

大体、サッカー雑誌上でアジア大会の成績予想ってのを記者さんたちに立ててもらったところ、ベスト4って言う意見がけっこう見受けられたんですよね。冷静に、今の戦力と他のアジアの国々とを比べればそのくらいが妥当だろうと見ているわけです。「専門家」は。


サウジ戦、たくさんのミスがありました。
勿論選手個人のミスもありましたし、監督のミスもありました。
まずは「疲れている選手を使って負ければ監督の責任」と試合前にオシムさんが言っていた通り、先発を変えずに挑んだ采配のミス。
ただ、これは明らかなミスというのでもないと思われます。サウジは移動などで疲労が蓄積されていると判断し、メンバーを変えなくてもいけると思ったのがちょっと当てが外れたって事なんですよね。
但し、常に相手はベストコンディションで来ると考えなければならないわけですから、考え方のミスもあったのかもしれません。
そして、相手のFWがテレビ画面で見るよりはるかに早かったって事。
もし、事前に「むちゃくちゃ速い」ってのがわかっていれば坪井君をマンマークにつける事ができたと思います。…それまで使っていなかった選手をいきなり使えるのかって言うリスクはあるんですけどね。
坪井君を入れた3バックって言う選択肢もあったと思うんですけどやらなかったのは采配ミスと言われてしまうんじゃないかと感じます。難しい判だってのはわかってて言ってますよ。勿論。オーストラリア戦で頑張った形を変えたくないって言うのもわかりますから。
選手個人のミスに関しては列挙に暇がないほどだと思いますが、川口さんの言葉を借りるまでもなく、気迫不足ってのが全体にあったように思います。
これが、オーストラリアに勝ってしまった事と無縁ではないだろうって言うのは簡単に想像できます。今のチームになって1年では、何が何でも優勝するって言うイメージはちょっと漠然としていたけど、オーストラリアに勝つって言うイメージは物凄くリアルに描けていたんじゃないかと思います。それが現実のものとなってしまって一気にモチベーションが下がってしまったんじゃないのかって想像も容易にできます。
そんなことがあってはいけないとオシムさんも言って聞かせていましたけど、難しいですよね。一瞬でも達成感を感じてしまうとね。

まだ、3位決定戦があります。
幸運にも相手は韓国。これは大会云々じゃないモチベーションを得る事ができる相手です。
フレッシュなメンバーを使うかもしれないと入れ替えを示唆していましたけど、2010年を目指す中で少しでも選手に経験を積ませるという意味でも、いい試合をして、是非勝って欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。