スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツビジネス

今朝、サンデープロジェクトでプロ野球再生って言うテーマの特集コーナーがあって、そこで「成功例」として浦和レッズが紹介されていました。

単純に、サッカーと野球を比較する事はできません。
週に一度、多くて2回のサッカーと週に一度しか休みがない野球では数字的な比較はあまり意味をなさないのかなとも思うんです。
確かに1試合での入場者数は浦和も新潟も多いです。が、年間の延べ入場者数はやっぱり阪神の方が多いわけだし、入場収益も当然野球の方が上のはずです。ですから、健全経営をやろうと思えば野球はサッカーよりも容易にできるはずなんです。

そんな日本のスポーツ環境と、欧米の環境の違いは端的に言って「企業の広告塔」か、「地域の共有物」なのからしいです。番組によると。
メジャーのオーナーは自分の会社の名前がチーム名に入らないからといって何の不満も無いわけです。球団は公共物だから。
欧州ではバイエルン・ミュンヘンとFCバルセロナを紹介していましたね。どちらも親会社を持たないって。
バルサはね、うんと特別だと思いますよ。
大体スタジアムの収容人数がおよそ10万のカンプノウですからね。日本で3試合かけて集めるお客さんを1試合で集めるんですから、それだけでも特別です。

さて、番組では日本のプロ野球も「親会社離れ」をしていかなくてはならないって言ってました。
が、簡単ではありません。藤口社長が言っていましたよね?地域に根付かせるためにあえて国立ではなく駒場で試合を続けてきたって。それを10年続けてきたからこそ、サポーターもついてきてくれたんだって。
だから、今日明日にも親離れして上手くいくかって言ったら相当難しいと思うんです。

ですから、必ずしも親会社が全部悪いとは思わないし、日本には現状の日本に合ったスポーツのあり方もあるだろうと思います。
野球やサッカーだけじゃなくて、陸上や他の競技であっても企業が選手を抱え、競技会に出ることによってユニフォームに企業の名前がつけばそこで相当の宣伝効果はあるわけです。
スポーツ選手を育成するのって、相当資金がかかるんですよ。
高校野球での特待生制度ってのが見直されるなんて事になっていますけど、どうして他の競技では特待生制度が容認されているのかって言うのをもう一度考え直していただきたいですね。

そう言っても、近鉄のあの騒動の反省が全く生かされていないのはやっぱりナベツネさんが未だに野球界で実権を握り続けているからなんでしょうか。
あ、今思い出しました。
西武って、同じグループのプリンスの野球部から優先的に選手を採っていませんでしたっけ?
プロ野球も“下部組織”ができるようになれば面白いのにね。
18歳までのユースチームで、そのまま上にいけるか、別の球団になるか、はたまた大学、社会人になるのか。勿論ユース所属選手は高校野球にでることはできません。当然です。
リトルリーグってのがあるんだから、そのまま高校生のユースリーグがあってもいいんじゃないのかしら。

スポーツビジネスって、言うほど簡単ではありませんが、日本の“プロ野球”がビジネスとしても成功できると、日本は少し変わっていくのかなって感じがしますね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夫婦で応援しているロッテ。やっとの思いでの優勝。記念に購入しました。プレーオフの緊張感、ドラマがあり、すべてにおいて胸の熱くなる映像ばかりでした。何度も見ては涙を流し感動しています。ロッテファンはもちろん野球ファンも楽しめるDVDだと思います。ファンクラ

・日本のスポーツレベル・第11回SportsJobへの道~アンビションアクト田中さん 田口、川島、木暮 ...・地方予選が熱い!・スポーツドリンク大好き人間のお話。・沖縄市青少年スポーツ大会・日程・野球というローカルスポーツ・好きなスポーツは「プロ野球」by読売・野球部定

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。