スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特待生

今、少年サンデーに連載されている「MAJOR」って漫画のコミックスを読み返していましたら、主人公に接触してくる高校野球のスカウトとその高校が「特待生制度」をしいている事とありました。

そうです。
今、西部の裏金問題から端を発して野球界全体のあり方にまで波及し始めている問題の一つでもある「高校野球での特待生」です。

スポーツ特待生って言うのはあって当然のものと、私達ファンは受け入れてきました。高校生であっても、いえ、高校生だからこそなのでしょうか、スポーツに秀でている少年少女に対して入学金や卒業までの授業料などを免除するというものです。彼らに関しては入学時に試験を免除しているところもあるかもしれません。(面接程度はあるでしょうけどね)
同じ高校に通う生徒との格差、不公平感は生まれるだろうとは思いますけど、スポーツと勉強との両立って言うのは口で言うほど簡単ではないし、本当に優秀な選手って言うのは数が少ないから“優秀”といえるんであってそんな数少ない優秀な選手を一人育てるのだって大変な事なんです。
選手は一人で育つわけじゃないんですよ。指導者がいなければならないし、大会に参加できなくては成長もありません。

極端なたとえ話ですが、サッカーには高校生の年代から“日本代表”という肩書きがつく事があります。その“日本代表”は海外で試合をする事だってあります。今ではユース所属の選手が多くなってはいますけど、高校の部活に所属している選手だって少なくないです。ユースの選手だって普段は普通の高校生ですよね。そんな“代表選手”は勿論海外での大会に出て行きます。大会って言うからには1試合だけやって帰る訳ではなくて、1週間から10日は日本を留守にします。その間は勿論学校に行けるわけは無くて、でも授業は進んでいくわけで、それを考えても単純に両立なんてのは困難だし、そうした選手を学校が優遇させる事に対しては異論はあんまり出ないんじゃないかと感じます。
実際、青森山田とかはそうした特待生の制度が整っているからこそ卓球の福原選手とかを受け入れ、中国リーグに参加させる事もできたんだろうと思います。

じゃあ、なんで高校野球にはその特待生制度が適応されないのか。
野球には日本学生野球憲章なるものが存在していて、ここに「学生野球の選手は金銭的な恩恵を受けてはいけない」と明記されているんだそうです。これは、まだドラフトが確立されていなかった頃のプロ野球とアマチュア野球(高校野球)との係わり合いの中での確執があったのと無縁ではないんだろうなと思いますが、時代に則したものなのかどうかって言うのはちょっと考えさせられますよね。
私自身は公立高校出身なので、こうした特待生って言うのは実感として感じたことは無いのですが、昔から「野球が強い私立高校」なんていうのは、お金で選手をかき集めているだろうって言うイメージがあったりしましたよね。

他の競技は容認されているのに、日本で最も人気のある競技でもある野球では許されていない特待生。高校野球って言うのはそれだけで一つのジャンルですよね。多少の恩恵が彼らにあったとしても許されるんじゃないかと思いますよ。
てか、今更「越境入学の温床」だなんて言われて調査したって遅いんじゃないんですか?
今まで見てみぬふりをしていたのに、今更何を言い始めているのって言うのが、部外者の見方ですよね。


スポーツを続けるにはお金がかかるんです。
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。