スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL

ACLがついに始まりました。

川崎が不意をつかれて失点をしてしまったもののアウェーで3点とって勝利しました。もうちょっと何とかならなかったかなと言う気もしないではないですけど、環境になれるのにちょっと時間がかかった印象もあるんでまぁ、仕方ないかなと。内容的にも悪くはなかったように見えました。

で、浦和です。
ホームでの試合なんでもっとたくさん得点できたんじゃないの?と言う声が聞こえてきそうですけど、相手のケディリが相当守備が堅かったですね。その堅い守備を崩さなくてはいけないのはわかるんですけど、“腐っても鯛”ではないですけど、アマチュアのチームを相手にしているわけじゃないし、外国籍選手もいて足元は相当上手かったですから、ACLに出てくるだけのチームだと言う気はしました。
浦和のいるグループEは、他に上海申花とシドニーFCがいて、ケディリが一番くみしやすいと見られていただけに3点と言うのはいささか不満が残る内容だったのかなという見方もあるでしょうし、実際あと2点くらいは入っていてもおかしくないシーンも確かにありました。
ワシの交代に関して、解説で「オジェック監督、きびしいなぁ」って言ってたんですよ。ワシも珍しくユニを投げつけるような態度だったらしいですけど、点を取れなかったのは事実なんですよね。又、彼の変わりに岡野さんが入って動きがダイナミックになったのも事実。岡野さんのシュートはオフサイドにはなりましたけど、一連の動きはとても楽しかったです。
あれを見た瞬間に、自分が浦和に求めているサッカーの一つの側面がこれだと感じました。

後半の頭から半分くらいは、ケディリも少し前がかりになっていたんでDFの人数を減らすリスクは犯したくなかったかもしれませんけど、それでもずっと3人がへばりついている必要もなかったかなと感じました。後半の後半は、ネネが積極的に上がっていたんでそれも楽しさに輪をかけていたかなと思います。

ネネが上がっているのには何の疑問も感じないのに、坪井君が上がっていると必要以上に不安に駆られるのはなぜなんでしょう。坪井君が上がった時にはネネだって後ろにいるんですけどね。

何はともあれ、まずは1勝しました。
川崎、浦和共に全勝で勝ち上がっていただきたいものです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACL

ACLACL*アクセス制御リスト (Access Control List)*AFCチャンピオンズリーグ (AFC Champions League)*アジア作曲家連盟 (Asian Composers League)*膝の4本の靭帯の1つ、前十字靭帯 (Anterior Cruciate Ligament)。*船積確認事項登録業務

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。