スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和vsFC東京

「本音を言えば決めてしまいたかった」という監督の言葉を受けるまでもなく、選手や関係者、そしてファンの多くは決めてしまいたかったはずですよね。
でも、試合内容を見れば「運良く引き分けに持ち込んだ」といえなくもないだろうと思います。
アレの背後を相当攻め込まれちゃいましたし、シュートもばんばん浴びちゃっていたし、ほんと、FC東京からしたら文丈さんの引退セレモニーも計画されていた中で気合も感じられて「勝てなくて残念」の試合でしたよね。

じゃあ、なんで浦和は勝ちきれなかったのか。

まず疲労。
どのチームも同じって言っちゃえばそれまでですけど、中二日で試合と言う事なんですが、この二日間浦和はまともな練習をしていません。疲労回復と怪我の治療に明け暮れておりました。まぁ、これは他のチームも同じかもしれませんが、浦和の場合、現状では中心人物である闘莉王とワシがこの状態でした。闘莉王に到っては「試合をしていられる状態ではない」くらい足は痛いらしいです。気力だけで試合をしているようです。

これは、生みの苦しみなんだと思うんですよ、ほんと。

ナビや天皇杯といったカップ戦の場合は地力も勿論必要ですけど、その場の勢いって言うのもあったりします。が、リーグ戦は一年間の積み重ねの結晶であり、その結晶ってのはやっぱり一朝一夕では掴み取れないものなのだって言うのを感じます。

浦和のファンは「長い時間待った」といわれますが、その間に「2ndステージ優勝」って言うのを味わっています。
これが強烈なものだから「今の浦和は本当に強いのか」という印象にまでなってしまうんだと思うんです。
あの時の浦和はバカみたいに強かったんです。
エメと達也のコンビネーションが抜群に良くて、それが圧倒的な得点力に繋がっていて本当に安心してわくわくして見ていられたんです。
その記憶がまだ残っているものだから、少し得点が減っている現状だと安心感が少し薄れているのかもしれません。
圧倒的な得点力って言うのはガンバに持っていかれちゃいましたからね。

失点の少ないチームって言うのは私は大好きです。
が、浦和にはそれプラス得点ってのも求めてしまうんですよ。ワシントンだけが得点を重ねるんじゃなくて、永井、長谷部、伸二、達也など多くの選手がたくさん点を取れるチームになって欲しいんです。
ポンテがいて伸二がいるチームならそれも可能なんじゃないかって言う幻想を抱いてしまっているんですよ。

最終戦、場所は埼玉スタジアム。
これ以上はないって言う舞台です。
こんな舞台を用意してくれたJリーグには感謝ですよね。
最高の試合を見せてもらいましょう!
スポンサーサイト

テーマ : 浦和レッズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。