スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケートアメリカ

フィギュアスケートのグランプリシリーズが始まりました。
昨年まではNHKがBSで一生懸命放送していたのに、今季はテレビ朝日が横から掻っ攫っていきました。
いつだってそうです。
日本人選手が上位には入れそうもない時にも放送し続けて、ちょっといい成績が出そうになると民放が持っていっちゃう。
そうして私達テレビ観戦のファンは民放のつまらない放送に我慢しなくてはならなくなる。スポーツ中継に於いてNHKほど安心してみていられるものはないんです。
体操競技とフィギュアスケートだけは「NHK杯」って言う大会があるので、それに敬意を表してもいいんじゃないかと思うんですけどねぇ。
まぁ、民放はスポンサーがつく分お金をかけた番組つくりが出来るんでしょうけど、現場の実況と元選手の解説以外に何が必要なんだろうと思いますよ。CMに入るタイミングが難しいのかもしれませんけど、ライブじゃない場合が多いんですから、いくらでも編集できると思うんですけどね。

そんな愚痴はさておき。
フィギュアスケートって言う競技は、記録を争う競技ではありません。
採点方法が変わって満点という概念が「パーソナルベスト」に変わりはしましたが、それでも基本は「演じる」事であって、これはスポーツの中では極めて特殊な競技だと思います。
確かに基本的な技があるわけで、その技術を採点するんですけど、同時に表現力も求められてくるんですから、技術だけじゃない何かを私達ファンは見たいと思うんです。

それを、安藤さんが見せてくれたんじゃないかなと思います。
トリノまで、苦しんで苦しんだジャンプが綺麗に飛べたって言うのも自分自身の中で何かが吹っ切れたんじゃないかなと感じました。
そして、フィギュアではジャンプを乗り切れば後は大きなミスはおきにくくなるし、昨年まで取り組んできた表現力アップって言うのが生かされるんじゃないかと思います。
真央さんと違って、安藤さんはジャンプはいいけどつなぎが下手とジュニアの時に言われていて、4回転を飛んではいてもつなぎが課題とされていたのでその克服の為にコーチを変えて頑張っていたんですよね。
本人はたくさん吸収しようと頑張っていたと思いますし、決めたことを簡単に変えるわけにもいかないと思っていたんでしょうけど、昨季のプログラムが彼女にあっているとはとても思えなかったですよね。
今日見たプログラムは最後のストレートラインステップでも勢いがあって、観客からの拍手が物語るように素晴らしい出来だったと思います。
なんかね、「私はここにいるの、私を見て!」って言うんでしょうか、そんな雰囲気が迸っていたんですよね。

で、真央さんは真央さんで全く違うんですよ。
元々バレエもやっていたとかで身体の柔らかさとか、線の美しさは申し分ないわけで、その軸のぶれない体幹があればこそ、ジャンプの制度も高いのだろうと思います。
今回のプログラムでは「これまでよりは大人っぽく」という思いもあるみたいですけど、彼女の持っている軽やかさは伸ばして言って欲しいと思いますし、妖精っぽいイメージも残して欲しいと思います。

今回は舞さんが参加していますけど、他にもいい選手がたくさんいます。
ミッシェル・クアンとかサーシャ・コーエンを排出しているアメリカが今回送り込んできた3人の女の子はみんなみっちりと筋肉のついたお嬢さんで、ちょっとさびしかったです。こんなもんじゃないでしょう、アメリカ。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。