スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17アジア選手権

見ましたよ、夜中に。
やべっちを見て、結果を確認してからずっと見ちゃいました。

他の試合をちゃんと見ていないので何ともいえないのですが、北朝鮮と比べると足元の技術の差は歴然としていましたね。北朝鮮のサッカーに関しては、Jリーグ発足以前の日本のサッカーを見ているようでしたよね。
ロングボールを前線に送り込む。
自陣に攻め込まれたらボールを出しちゃう。
この、「蹴りだす」をやられるとプレーが止まっちゃう感じが凄くするんですけど、日本は「物凄く早くスローインする」って事で流れを止めないようにしていたみたいですね。

この足元の上手さって言うのは、子供の時からJリーグがあってクラブのユースがあってって言う環境が作り上げてきたのかなって思います。「高校生のクラブ活動」のレベルだとどうしても指導にも限界がありそうですからね。又、この「U-17W杯」への出場権を得るためのアジア予選を闘わなければならないのは日本では高校1年生までの年齢で、高校受験との兼ね合いも合って中々育成が難しい年齢なんだそうです。
「谷間の世代」
と常に言われ続けちゃうんですよね。

しかし、今回のメンバーは本当に上手いでね。
なんか、大会HPでは「ゴールデン・トライアングル」「ファンタスティック4」とまで書いて紹介しているらしいですけど、そう言いたくなる位上手かったですよ。
「人もボールも動くサッカー」って言うのをこのチームは目標としているそうで、なるほど、ボールの行方を予測した動きが出来ているなと感じました。ポゼッションも高くて、体格的には北朝鮮の方がはるかに大人びた体なんですけど、内容では絶対に負けていない中で2失点してしまってどうなるかと思ったんですけど、時間が進めば進むほど日本のペースになっていったし、そのペースを確実に日本の元に呼び込んだ柿谷君のゴールは素晴らしいの一言でね。
さすがに、唯一Jでプロ契約している選手だなと感じさせましたし、同点ゴールをアシストしたパスも絶品でした。抜きん出た技術を見せる選手って、ややもすると周りがついて行けない部分も出てきたりするんですけど、きちんと彼に合わせられるFWがいるって言うのは嬉しいですね。
そして水沼宏太君。親が有名人だったりするとちょっと色眼鏡で見ちゃったりするんですけど、素晴らしい動きでした。自分としては攻撃にもっと絡みたいところなんでしょうけど、キャプテンマークがそうさせるのか守備にも走り回っていたし、本当にチームの屋台骨を支えているんだなぁと感じました。ポゼッションが高かったせいもあったのでしょうけど、両SBの攻撃参加って言うのもよく見られましたね。特に左サイドの山崎君は後半柿谷君を追い越す動きを再三見せていました。右に入った高橋君はバランスを考えてか深く抉るような動きはありませんでしたけど、かなりいい守備をしていたように見えました。

この年齢の時って、実践の、試合の最中に成長を見せる事ってありますよね。
いわゆる「1試合ごとに上手くなる」ってやつですよ。
雑誌の記事によると、一年半前に集められたメンバーは召集ごとに顔ぶれを変え、今年に入ってからの遠征と、一次予選を経て目に見えて成長したんだそうです。
来年の「U-17W杯」でどれだけのメンバーが入れ替えになるかわかりませんけど、いいチームに育って欲しいですね。

AFC U-17選手権 シンガポール2006
9/3 日本6-0ネパール(ジャラン・ベサール・スタジアム)
9/7 韓国2-3日本(ジャラン・ベサール・スタジアム)
9/11 日本1-1イラン(ジャラン・ベサール・スタジアム)
9/14 日本2-0シリア(ジャラン・ベサール・スタジアム)
9/17 日本4-2北朝鮮(ジャラン・ベサール・スタジアム)

日程もタイトですが、これは国際大会では常識ですのでこの日程を苦にしていてはサッカー選手としてやっていけません。慣れて欲しいと思います。
しかし、決勝で使われたジャラン・ベサール・スタジアムと言うのは人工芝のスタジアムでした。天然芝は管理が大変ですし、イエメンの競技場のように手入れのされていないぼこぼこの競技場もどうかと思うんですけど、人工芝は選手の体に疲労を蓄積させます。膝や腰などに相当の負担がかかっていると思われます。アメリカの野球場が天然芝に変わってきてるのもこの肉体への負担が考慮されただらだとも聞きます。
今の人工芝は昔とちがって相当天然芝に近いものだともききますけど、芝の下は土ではありませんからね。関節にかかる負担は変わらないんじゃないかと想像します。帰ったらしっかりとケアして欲しいですね。


ちなみにU-17W杯は来年、韓国で行われるそうです。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。