スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球

私が卒業した高校の名前が変わりました。
更に、現在異動した工場の跡地に「中・高一貫」の学校の建設が始まりました。
私の住んでいるところは学校といえば公立で、「有名私立校」なんていう存在はドラマとか小説とか漫画の中でしか存在していませんでした。
更に更に、私自身が部活動に熱心ではなくて運動部などの対外交流(試合など)にどれほどのお金がかかるものなのか全く理解しておりませんでした。

私が在籍していた学校は地区大会以上に進むことが稀でしたので、もしかしたら活動費の中で十分まかなっていられたのかもしれません。

母親が時々、でろでろに汚れたユニを見ると「あれは選択しても中々落ちないんだ」と言います。
確かにそうですが、プロの場合はちゃんとクリーニングに出しますし、学生スポーツであっても甲子園大会などの大きな大会の場合にはクリーニングに出していると思われます。
が。
不意にそういうお金ってどこから出るんだろうと思いました。

日本人がプロ野球しか知らなかった時代、私たちファンはそこでどれほどのお金が動いているのかなんていうのを知る事はありませんでした。
真っ黒に泥だらけになっていたユニフォームは、翌日の試合では真っ白でした。何の疑問も抱かなかった白いユニフォームですが、クリーニングしてくれる人がいたんです。勿論、クリーニング代は球団が出すわけで、必要経費です。

さて、高校野球の場合はどうでしょう。
公立高校で地味に活動している場合には、マネージャーとか、新入部員とかが洗濯してくれているんだろうと思いますし、親御さんの場合も多々あるでしょう。
地区大会どまりの学校であればそれで十分なのかなと思いますし、試合用のユニだけをクリーニングに出すのもありでしょう。それは部費で何とかなる範囲かと感じます。

しかし、そんな学校がまかり間違って勝ち進んでしまう場合が怖いんですよ。
どんな環境にあっても選手となったからには勝ちを目指しますし、高校野球なんていう最も成長する時期の選手は試合毎に上手くなって勢いに乗っちゃって勝ち進むなんていうのは有り得る事でもあるんです。
これが怖い。
・選手を甲子園に連れて行く。
・試合の日までの宿を確保する。
これだけでいくらかかるかわかりません。
選手と監督、引率の教師など20人以下って言う事はないはずです。
「甲子園割引」はあるんでしょうけど、一回戦で負けて帰るにしても相当かかっているはずです。

そこで学校は寄付金を募るしかなくなるんですよね。
PTAは勿論、OBにも声をかけ、地元の商店街にも頭を下げ、何とかかんとか捻出するんです。
もしかしたら部員の親御さんなんていうのは「お金がかからないはずの公立高校なのに…」と、血管が切れそうになっちゃうかもしれません。

そういう負担を少しでも減らすためにも、県の代表は「有名私立校」に出ていただくのがベストだと思いました。
その為に普段からお金をかけているんでしょうからね。

それとこの時期は夏期講習の真っ只中です。公立校で進学を志望している人は、もしかしたら甲子園になんて行ってる場合じゃないかもしれないじゃないですか。私立の、しかも大学の付属高校なんかだったりしたらそんな勉強の不安も少ないかもしれないですよね。


高校野球の中継で「純粋な高校球児が…」って言っていましたが、多くのひねくれた大人は「そんなわけないじゃん」と思っていたはず。
スポンサーサイト

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。