スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちが全て

テレ朝のW杯特集番組、ヒデの特集にもなっちゃっています。
今更ですけど、ヒデは監督に恵まれなかったのかなぁというのがよぎってしまいました。

最初のW杯は岡田さん、その前は加茂さんで、ここは「基礎」的な部分ですからいいも悪いもないんですけど、自身代表を卒業しようかと思っていた日韓大会はトルシエと言うエキセントリックな(と感じさせる)人物の元、あまりにも管理的で自分を表現する自由はなかったんじゃないのかなと思うし、トルコ戦での敗戦で不完全燃焼という内部事情があったから代表も続ける決心にもつながったのかなと思います。
しかし、そこで出会ってしまったのがジーコでした。彼はトルシエとは違ってまるで呪文のように「自由」を唱え、それは逆に選手を縛り付けていたような気がするんです。
グラウンド内で自由であった分、全てを自分達で考えなければならないんですよ。本来ならばそれが出来なければいけないんですよ。でも、現状の日本代表はそれほど成熟はしていなかったんです。
ジーコの計算ミスですね。
シュート練習が足りないと思うならクラブに言って練習させればいいのにと思うんですけどね。

そして、そんな未成熟な日本代表は気持ちもずっと未成熟で不安定なまま4年間を過ごしてしまったんですね。
この気持ちの部分に関してはテレビ観戦しか出来ていない私みたいなファンからすると中々わかりにくい部分ではあるんです。それでも全くわからないわけでもないんです、気持ちの入った試合って言うのは。
ただ、テレビ越しでは「気持ち」は半分も伝わらないんです。
その代わり消えているって言うのもうっかりすると見逃します。

ヒデは「気持ちが足りない、その分プレーが不安定」と語っていました。
これを私達ファンがテレビ越しに感じ取るのは中々難しいです。
選手に対しては酷だとは思うのですけど、150%のプレーを見せていただけないと「気持ち」を感じるのは、本当に難しいです。

でね。
なんでいい大人がそんなに不安店なんだろうって思ったんですけど、自信がないんじゃないかって思うんです。
私達のような外から見ているだけのファンの目にでもわかるような「日本代表のスタンス」がなかったんですよね。たとえばトルシエは頑なに「フラット3」ってのを貫きました。別にフォーメーションの事だけではないんですけど、そうしたわかりやすい「型」、チームの基本となる「型」を持ち、それで勝てれば自信につながっていくんじゃないかと思うんです。
ま、これはファンが思うわかりやすい自信のつけ方で、ファン自身の自信にもつながっていくと思うんですけどね。

優勝したイタリアは「カテナチオ」と呼ばれる守備の良さが売りで、ややもするとそうした守備偏重のイタリアサッカーはつまらないと言われていましたが、失点が少ないのは勝利への近道だって言うのはわかりきった事ですね。(スイスは無失点のまま敗退しましたけど)
その「伝統的に守備がいい」って言うのはやっぱり選手にとって自信になるんじゃないのかなと思います。
日本にはまだその伝統はなく、伝統を作り上げていく段階だと思われます。又、クラブのサッカーと代表のサッカーがまるで別の方向を向いているのはよくないんじゃないかとも思いますから、オシムさんには頑張って欲しいですね。

…オフトは伝統を作り上げる事は出来なかったんですね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。