スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊輔とジーコ

ここ数年、雑誌に掲載されたジーコのインタをちゃんと読んでいないので本当は彼については何も知らないのと同じなんですけど、7/8放送のスパサカで俊輔が体調不良のときに言い出したんでしょうか、ジーコに「交代しても構わない」と言っていたんだそうです。しかしジーコは「君には戦術眼があるから変えられない」といった内容の返事で、俊輔もそれを聞いて「ここでやめるわけにはいかなくなった」と考えてしまったようです。

選手を信用するのは大事ですけど、体調不良の選手を使い続けるって言うのはどうなんでしょう?俊輔は「勿論試合の時には熱はなかった」って言っていましたけど、その前まで点滴を打っていた選手を普通使うんですか?
そういえばまだ山田暢久さんが代表の右サイドを任されていた頃、やっぱり風邪をひいて熱を出していたのに試合に出した事がありましたよね。選手は「やれるか?」と聞かれたら「やれる」と返事をするのが当然の事だと思います。だって、「ジーコジャパン」って一度ポジションを手放したら二度とポジションを取ることが出来ないんですから。
結局「キャバクラ事件」のおかげで山田さんは代表にいられなくなっちゃいましたけどね。
---ただ、この「キャバクラ事件」にしても、レギュラーとサブをきっちり線引きし、尚且つ海外組みと国内組みで分けられるチームってやっぱり居心地は悪いと思うし、やり方は良くなかったけど息抜きしたくなっても当然じゃないのかなと私は思います。---

なぜ、ジーコがそれほどまでに俊輔に固執したのかって言えば、第一の要因はなんと言っても日韓大会で俊輔が代表からもれたって言うのがあるんだと思います。
4年前に俊輔がW杯を経験していれば、ここまで固執する事もなかっただろうし、俊輔と心中するような結果になる事もなかったかもしれません。…憶測ですけどね。
又、ジーコは自身がつけていた「10番」と言う背番号にプライドと愛着を持っていたと聞きますから、その10番をつけている選手が途中交代なんて事は全く考えていなかったのかもしれません。

ただ、素人目でそれもテレビの画面でしか見ていない状況であっても、オーストラリア戦の途中から俊輔が全く機能していないって言うのは見て取れているんだから、それを交代させないって言う「戦術」を私は理解できないでいます。(そもそも4バックの左にアレを入れるって言うこと自体理解できないんですけどね)

そういえば完全な状態でないままW杯に連れて行ってもいい結果は得られないとして久保を外しましたよね。大会期間中(事前合宿も含めて)に万全じゃなくなった選手はやっぱり使うべきじゃないと思うんですが、単純すぎますかね。

逆にね、俊輔がつぶれなきゃいいなと思いますよ、真剣に。
精神的なダメージは結構大きいと思うんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。