スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後任人事

敗軍の将、兵を語らず。

たとえ選手がどれほどおばかであっても監督はそれをおばかとは言わないんですよ。
クラブの監督であるならば与えられた選手でどうやりくりしていくのかって言う難しさがあるわけで、その辺では同情の余地はあると思うのですが、代表監督って言うのは好きな選手、使いたい選手って言うのを自由に選べる立場にいるわけです。
自分で選んでおいて選手が馬鹿だからとは言わせられませんし、言った時点で監督自身の能力のなさをも露呈させているんじゃないのでしょうか。


なぜ、「失われた4年間」となる事に対する危惧があるのか。

確かにトルシエと言う監督はエキセントリックだったし、秘密主義なのかと思わせるようなところもあったし、自分の「型」をあまりにも重視しすぎるきらいもあったと思うのですが、それでも結果は出していたんです。ユースと五輪も見ることによって若い選手を成長させてきた実績があるんですよ。
ファンとしてはジーコにはその遺産を熟成させて欲しかったんです。
規律の中に「自分で考える」事を要求するのは当然で、私達ファンもその熟成を見せて欲しかったんですけど、ジーコはなぜかそれを0から始めてしまいました。
確かに同情の余地もあるでしょう。主力が海外所属で常にコンディション不良の中で試合をしなければならない。コンビネーションを高める事が出来ない中で試合をするようになる。
でも。
だからこそ。
時間がある時にはきちんと「代表の約束事」を決めて欲しかったんです。
なぜフォーメーションの話が後を絶つことがないのか。
練習時間が少ないんですから、その約束事の中で考える事を要求する方が効率がいいはずなんですよね。4バックなら4バックで通さなければならなかったんじゃないかと思うんです。そりゃ、どんなシステムであっても対応できなくちゃダメだとは思いますよ。でも日本はそこまでのレベルになっているのかって思うんです。練習時間が取れないならなおさらね。


後任監督に何を望んでいるのか。

ファンにインタビューをすると後任にはオシムという声が多く聞かれます。
彼らはオシムに何を望んでいるのか。
「成長が感じられる代表」
ではないのでしょうか。
ドイツに引き分けたかと思うとマルタからは1点しか取れない。
以前からその傾向はありましたよね。「ひいて守る相手は難しいから」と言ういいわけがまことしやかに通っていますし、それは理解できますけど、心情としては納得はいっていません。

まぁ、ジェフだってね選手のコンディションが良くない時なんかは「寝てんじゃねーよ」とちょっと怒ってしまいたくなるような試合もしますよ。それでも全体的なレベルアップは出来ているし、以前のジェフを知っている分その成長の著しさは目を見張るものがあるんです。
そうした、成長を感じさせる試合を見せて欲しいんでしょうね。
同時に若手の育成にも関心を持って欲しいと思っちゃってるんですよ、多くのファンは。
その願いがあるからこそ記者さんも「五輪監督は兼任するのか」と言う質問をするんでしょうね。


オシムさんはJ2の選手の名前も把握しているそうです。
ジーコはJ2には見向きもしませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。