スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大陸選手権。

フィギュアの四大陸が始まりました。
今大会は台北で行われていまして、実況の方が言うには台北ではフィギュアはあまり人気がないんだそうで、実際空席が沢山あります。ちょっと寂しい感じもしますけど、こういうところで大会を開催するって言う事に意味があると、競技の連盟あたりは考えるようです。市場開拓って言うのはどんな競技でも考えていることですよね。

さてそんな四大陸選手権ですが、出場する選手のモチベーションはそれぞれです。当然、ここで最高の演技をしてタイトルを取ることを目的としている選手もいるでしょうし、今回の日本の代表の中でも女子の鈴木明子さん、男子の羽生さんなどはそういう気持ちで入っているかもしれませんし、それぞれの国で世界選手権の代表になれなかった選手の場合には今シーズン最後の国際大会でしょうから、力も入るでしょう。
そんな中、3月の世界選手権に出場する選手は、その世界選手権に向けての“調整”っていう部分が強く出るようです。今年の場合だと東京で世界選手権が行われますので日本人選手には是非とも上位入賞あわよくば優勝してほしいとの期待を込めてここに送り込んだんだろうというのは容易に想像できます。選手の側からすると、手直しをしたプログラムの評価を確認するいい機会になるようです。また、今日の小塚さんの演技を見ると心身のコンディションを整えていくっていう意味合いもある大会なのかなと思います。

ただね、普段の四大陸選手権は「世界選手権に出られない選手が出場する大会」だと思いますよ。
スポンサーサイト

大相撲

先日、お相撲の事でスポーツライターの玉木正之さんが独自のコメントを発していました。

そもそも、大相撲というものを純粋なスポーツとして捕らえることが間違いだと。
そこで歴史的なことも大まかですが解説をしていて、正直私は知らないこともありましたね。
そもそも『神事』の部分っていうのは今は表に出てこない部分じゃないかって思うんです。
しかし、それを切り取ってしまうともう大相撲ではなくなるんだと思うんですよね、確かに。
『神事』っていうのは弓取り式などで見られる『型』で私達は日常的に目にしているって事なんですよね。

そこで『八百長』です。
古来、大相撲の世界には“人情相撲”“方八百長”という言葉があるんだそうです。
これは相手の事情を慮って力を抜いてしまうものだそうで、金銭のやり取りは勿論、相手もわざと負けたとは思っていないところで行われてしまうものらしいです。
「相手の事情」をどう受け止めるのかっていう問題はありますし、そうした「無気力相撲」は無いに越したことはありませんが、一般のファンの目にはわからないようにしてほしいです。

ただ、今問題なのは現金があからさまに飛び交っているということなんです。
本人達に自覚がないって言うのも問題ですよね。
人情相撲と八百長の線引きって言うのは、当事者たちの中では難しいものなのかなと思わないでもないですけど、少しでも浄化してもらわないと、これまでのような人気を保つ事は出来ないでしょうね。
プロレスとは違うっていう部分を見せてほしいと思います。



てか、このブログ残していた事を失念していた自分がいます…。
もっと、書こう。

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。