スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア

どんなスポーツでも世界選手権という大会は選手にとってとても大事な大会であるというのは間違いなくて、そこで優勝てなことになれば一般ニュースでも取り上げられるかもしれない大事になるわけです。

今、日本は稀に見るフィギュアスケートの円熟期にあるわけで、世間の注目度も非常に高いんですけど、今日の昼間のワイドショーに伊藤みどりさんが出演しておりました。
かの番組のコメンテーターにデラックスマツコさんという方がいるんですけど、この方、みどりさんの大ファンなんだそうです。話している事も、私が普段思っていることだったのでちょっと気分が良かったんですが、一つだけ異論があります。

「みどりさんの全盛期が今であっても、十分世界に通用する」byマツコ。

無理です。

昔、彼女が意地で三回転半を飛んだ時は、最初に入れるはずだったのをこけてしまったのでプログラムの中盤を過ぎてから無理やり入れてメダルと取りました。
何でそれが出来たかって言うと、今と採点方法が違うからです。
当時はまだ、全体の印象度で得点を出していましたからね。

今は一つジャンプに失敗したとしたら、そのプログラムの中での修正は相当難しいです。
男子ですが、織田信成さんがプログラムの前半で失敗したジャンプを後半で成功させたけど「同じジャンプを2回以上やってはいけない」みたいなルールに引っかかって減点されてしまったことがありました。例えばアクセルを飛ぼうとしたが転んでしまった場合、「三回転半ジャンプの失敗」って事で、単体での三回転半は一度飛んでいるからもう一回やっちゃいけないんです。やるならコンビネーションにしなくちゃならない。

今回の浅田さんは飛ぶ前に転んだんでやり直しはきくんですけど、如何せんプログラムがキツキツなんです。浅田さんに限らず、今のフィギュアの振り付けはステップでも相当加点要素がありますし、逆にそこをおろそかにしては得点は伸びません。

だから、みどりさんのスケートは今の時代では得点を伸ばすのが難しいんです。
まずビールマンスピンができない。
スパイラルのポジションで加点が期待できない。
ステップでの加点もあまり期待できない。

でも、私もマツコさん同様、彼女のスケートが大好きなんです。
手足が短いちんちくりんであろうと、どんなにお化粧しても美人には成り得なくても、あのジャンプは「芸術品」と呼べるものだと思っているんです。

結局、ジャンプって言うのは飛び上がってから着氷するまでに3回転すればいいんであって、ジャンプの頂点に上り詰める間に1回回ってしまう方が効率がいいのは言うに及びません。
「大して高く飛んでいるように見えないのに3回も回っているんだ」という印象を、みどりさんのジャンプを見慣れていると、他の方のジャンプの時に抱いてしまうんです。
みどりさんのジャンプは、非常に効率の悪いものでした。
上がりきってから回り始めるんです。

いや、これは極端な表現ですけど、とにかく高く飛んでいたんですよ、みどりさんは。
身長は低かったけど、筋肉は付いていたんで多分、重かったはずです。
飛ぶための筋肉だったんでしょうね。とにかく高く飛べた。
その分、着氷時に足にかかる負担は半端じゃなくて、捻挫はしょっちゅうで、ひどい時には確か骨折もしていたはずです。

タラ・リピンスキー、サーシャ・コーエンらの、ほっそりとしたプロポーションの流れに浅田さんやキム・ヨナさんもいると思うんですけど、伊藤さんみたいなジャンプを跳ぶ選手がもう一度現れないかと願っています。
加点要素の高いジャンプが見てみたいです。
“競技会”は、スポーツとして行われるんですから。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

浦和-名古屋戦

眩暈がしそうです。

1試合負けたくらいでは一喜一憂しちゃいけないってのはここ数年自分に言い聞かせてきた事だし、勝っている時には特に書く事もなくなってきてるんで、負けた時に何か言いたくなってきているのかもしれませんけど、それでも開幕2試合の内容が悪すぎます。

今年は攻撃的に行くと言っていたのはオジェックさんです。
何で改めてそんな事を言っているのかって言えば、昨年の試合内容で「守備的でつまらない」って言う声が結構あったらしいんです。結果、浦和は高原、エジミウソン、梅崎と前線の選手を獲得しました。
が、横浜戦で追いつこうとして高原、エジに加えて永井、達也まで投入しましたが結果は出ませんでした。

昨年から「オジェックに策はあるのか」って言う言葉は、浦議あたりで目にしていましたし、私自身もちらっと考えたこともあります。
でも、昨年はそんな事を考えている場合じゃなかったんですよ。「ギドの遺産」でつないでいくしかなかったんです。だから阿部ちゃんしか獲得しなかったし、守備的な内容であっても勝ち点が付いてくるなら目をつぶれました。

そんな一年の最後、クラブW杯でのセパハン戦で「来季への布石」と勝手に思い込んでしまった素晴らしい展開の試合を見てしまったんです。
「来年はこんな試合が見れるんだ」
と思い込みました。
攻撃的な移籍人事も期待を膨らませるものでしたし、グアムキャンプに参加できなかったのが啓太と萌、梅崎だけだったってのは連携確立の為には喜ばしい事だと思いました。

なのに。

ああ、それなのに。

一体感のなさ。
集中力の欠如。

見ていて残念な試合ってそんなにないですよ。
ポンテが帰ってきたらどうにかなるってもんでもないような気がする。

テーマ : 浦和レッズ
ジャンル : スポーツ

バーレーン戦メンバー

GK
川口 能活
楢崎 正剛
川島 永嗣
DF
中澤 佑二
駒野 友一
水本 裕貴
安田 理大
内田 篤人
MF
稲本 潤一
羽生 直剛
遠藤 保仁
中村 憲剛
鈴木 啓太
阿部 勇樹
山瀬 功治
今野 泰幸
山岸 智
FW
高原 直泰
玉田 圭司
巻 誠一郎
田代 有三

さすがに嘉人さんを見切り招集ってまねはしてないけど、闘莉王は呼んでも良かったんじゃない?
まぁ、都築さんを呼ぶ気がないんだから闘莉王も無しかもね。でも、6月の試合までには呼んで欲しいです。岡田さん。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

横浜戦

頭では、理性では、開幕負けただけでうろたえるな、一喜一憂するなって思ってはいるんですけど、感情は無理。
なんかね、面白くないのよ、試合運びが。
ときめかないの。

今日は時差キックオフで、先にガンバ-ジェフの試合がありました。
この千葉の試合運びにはとっても納得できました。ファンタジーサッカーで最初の所持金4億円を使い切ることなく千葉の選手全員を揃えられるような、そんな陣容ですよ。
でも、選手の一人一人がきちんと動いていました。
そんなのを45分見た後だから余計に、浦和の選手の動きに納得がいかなかった。

オシムさんって言う人は基本的に“攻め達磨”で、ボランチにも攻撃力を求めてきました。
だから、「長谷部がいなくても阿部ちゃんがいるもん」って思っていたんですけど、昨年一年ボランチから遠ざかっていた影響なんでしょうか阿部ちゃんの攻撃力って言うのがあまり見られなかった気がします。本当なら、啓太が前に出られれば一番いいのかもしれなけど、そういう連携の練習って言うのをしていたとは思えません。合流して間がなかったし。
相馬さんが一生懸命に上がっていってもゴール前の人数が少なくてクロスも上げにくい状態が何度か見られました。
解説で水内さんが「90分の試合をこなせていない」と、キャンプ中の不安を口にしていました。
練習試合の数も少ないし、紅白戦だけでは「試合体力」は付かないから終盤の体力に不安があるって。

試合後は、負けちゃったから当然だけど闘莉王が「今の戦術には不満がある」とか言い出すしね。

私達には、昨年のクラブW杯でのセパハン戦の記憶がまだ残っています。
リーグ戦をあんな情けない形で終わってしまい、更にポンテまで怪我で出場できない状態の中、短期間でリーグ戦の間出来ていなかった「同じ方向を向いていたサッカー」ってのを見ることが出来た気がしたんで、代表に啓太しか向かわなかった今年のキャンプには相当期待していたんですよ。

ま、負けちゃったのは仕方ないから、次節こそはすっきりと勝っていただきたいものです。
今年前半はACLがない分ゆっくり調整でいるはずなんだから。

テーマ : 浦和レッズ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。