スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドボール

世間の流行に乗ってハンドボールのやり直し予選の中継を見ておりました。
やり直し予選、残念ながら韓国の牙城ってのは男女共に高かったかなと言わざるを得ないんですけど、内容は決して悪い試合じゃなかったんじゃないかと思います。

“中東の笛”とマスコミは囃し立て、あたかもそれがあるが故に日本は勝てなかったと言う風潮がありましたけど、ランキングや世界選手権の結果を冷静に見れば、やっぱり韓国の方が強いわけで、それはきちんと受け止めなくちゃならないのかと思いますよね。

欧州ではハンドボールはプロリーグがあるそうです。
バレーもバスケも、プロリーグが整っている国って言うのは強いですよね。
日本には日本のスタイルがあるし、野球もサッカーもプロで、その上ラグビーもバスケもバレーもハンドもプロリーグなんてのは、理想ではあっても現実的じゃない気がします。現状では。
実業団リーグという枠組みの中で、いかに実力をアップさせられるのか。
全ての競技での課題ですよね。

そういえば、今回のやり直し予選はハンドボール連盟内の“対中東”の代理戦争なんてうがった見方をする向きもありそうですけど、全くないことではないかもしれませんね。
アジアを西アジアと東アジアに分けるって言う考え方もあるみたいです。
数年前から“東アジア選手権”という形で競技大会も持たれています。枠組みの考え方は今後変わっていくのかもしれませんね。

ハンドボール、実は最終予選の方が壁が高いんです。欧州相手に勝てる確率は相当低いです。
あ、だからこの予選で勝たなくちゃならなかったのか
スポンサーサイト

水野晃樹、移籍?

本日一斉に新聞が「水野晃樹、セルティックに移籍」ってのを持ってきました。
元々海外に興味を持っていた晃樹君ですが、これまで浮いた噂を聞きませんでしたが、千葉と契約を更新したって話も出てきませんでした。
昨日、羽生さんの結婚式に出席した晃樹君は「代理人に任せている」として多くを語りませんでしたが(当然です)、新聞ではクラブ間では合意していると言う記事もあります。
千葉も当然慰留に努めているんでしょうけど、晃樹君の契約が今月いっぱいなので難しいみたいですね。
ただ、セルティック側に何の問題もないのかって言うとそうでもなくて、プレミアはEU圏外の選手を獲得する際、選手が代表戦に75%出場していることが条件になるんです。古くは宮本さん、アレもこれに引っかかって移籍が出来ませんでした。勿論晃樹君もこれに引っかかるんですけど、スポニチは「若い選手は五輪予選なども考慮される」って書いています。ほんとかなぁ。

正直って、ファンとしては状況が厳しい千葉に残って欲しいと思います。まだ、日本の試合で見ていたいですし、五輪のことを考えると召集が難しい海外はどうかなって思っちゃうんですけど、本人の意識がそっちに向かっているなら仕方ないですかね。
嫁もいるし。

本当にセルティック移籍が決まったら、スカパーの海外セットに変えたほうがいいのかなぁ。
NHKがイングランドじゃなくて、スコットランドの放映権を取ってくれればよかったのになぁ。
今は月額3000円だけど、海外も合わせたら6千円になるんだよなぁ。

啓太の移籍先が決まるまで我慢するか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。