スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田さん。

岡田さんが、次期日本代表監督就任に前向きだというのは報知。
オジェックさんが第一候補として押してきたニッカンは、完全に出遅れましたね。

さて、協会がなぜ岡田さんでいくしかなかったのかと言う事。
オシムさん自身が健康不安を抱えていると言う事で、激務の代表監督と言うものに対して始めはあまり前向きではなかったという事があったにせよ、今回の発症はあまりにも突然で(つい前日まで練習を見学するなどして予兆が全くみられませんでした)、「次期監督」などというものを全く想定していなかったというのがまずあります。

“監督”などというものは成績次第ではいつクビが飛ぶかわかりません。
しかし、成績不振というのは予兆があるわけで、劇的に成績が変化でもしない限りフロントも「次はこの人」という動きはしておかなければならないわけです。
ですが、今回のような急な出来事になるとそうした“水面下の動き”はできないわけで、動きがあわただしくなるのもやむ終えないところがあります。

そして、時期的なもんだいって言うのもあるんです。
オシムさんが就任する時、協会は打つ手を間違えました。
確かに2006年始めには代表監督にはジーコが座っていたわけで、その時に次の監督の話をするのはジーコに対して本当に失礼だって言うのはわかります。
しかし、ジーコの後を誰に任せるのかって言うのは間違いなくやってくる問題なわけで、もし、本気でオシムさんをジーコの後にって考えていたのならばジェフと契約をさせるべきではなかったはずなんです。

まぁ…、この辺のくだりは私ごときテレビ観戦者が言うべきではないでしょうが、今回はそうしたJリーグのクラブと余計な摩擦は避けたかったって言うのはあったとおもいます。

ですから、名前が挙がっていたオジェックさん、西野さんは既に来季の契約をクラブとしてしまっていて(正式な契約じゃなくても約束はしていたでしょう)まず呼べなかったんだと思います。
現代表で大熊さん、反町さんがコーチとしてベンチに入っていますけど、彼らをそのまま監督にスライドさせるには実績が乏しすぎます。目の前に迫っているW杯予選を勝ち抜かなければならないので、あまり若い人を置くのはどうかという気もしますし、反町さんは五輪代表も兼任するようになってしまうのでまず無理でしょう。
そして、このW杯予選まであまりにも日がなさ過ぎることから海外の監督は呼びにくいって言うのがあります。国内事情に明るい人が望ましいでしょう。
そうなると日本人でフリーの人が最有力候補となるのかもしれません。
そんな人、どこにいます?

実績があるフリーの日本人って言ったら、岡田さんしか残っていないんじゃないのかしら。

本当なら、ファンの願いとしても、オシムイズムの後継者って言うのが理想ですが、現実的にそんな人は少ないわけだし、オシムさんはオシムさん以外にいないわけでやっぱり多少の方向転換みたいなものはあっても仕方ないのかなと思います。

じゃあ、岡田さんになってなにが変るのか?
わかりません。
わかりませんが、一つだけいえるのは新聞でも書きたてているように“千葉勢は減る”って言うのは確実だと思われます。
選手のパーソナリティも良くわかっている中澤、山瀬、今野は当確だろうとか書かれているんですけど、「俊輔より山瀬」って言うのはちょっと古いかなと思いますね。
そういうニュアンスの発言をしていた時と、今の俊輔では走りの質も量も変わってきていますから。
岡田さんだっておバカさんじゃないんです。今の選手の状況を良く見極めてくれると思いますよ。実際、協会のビジョンをきいていたっていいますし。

岡田さんが、「人もボールも動くサッカー」を目指すのか。
目の前のW杯予選をどう戦うのか。
待ってくれない代表のスケジュールに、私達ファンも泣いてばかりいられない状況なんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

浦和のこと。

強いチームってどんなチームなんだろう。

今の浦和ってなにが強いんだろう。

来年はどんなチームになっていくんだろう。


ちょっと考えていたんですが、やっぱりACLとリーグ戦の両方を戦い抜くのは並大抵の事ではありません。今年、浦和はオジェックさんの考えの下、極端なメンバー変更をしないままで試合をこなしてきました。監督の考えを浸透させるには同じメンバーを使い続けるってのが手っ取り早いって誰かが言っていたんですけど、そのおかげで選手はみんな疲弊し切ってしまいました。
来年、使い物になるんだろうか?

浦和は年間50試合強、こなすそうですけど、「欧州のトップチームは60試合を…」って何でもかんでも欧州と一緒に話す人がいるけど、本当に欧州のそんなやり方がベストなんだろうか?トップチームの選手の多くは代表選手でもあるわけで、チームの試合+10試合くらいはやっぱりこなしているわけです。
多すぎじゃない?

それだけの試合をこなしていくとなると、やっぱり怪我人も出てくるわけだし、大体ACLの移動距離と欧州の移動距離を一緒にしちゃいけないと思う。例えチャーター機を使ったにしても。そこでの疲労を考えたら川崎がメンバーを変えてきたって言うのは間違っていないと思うし、負け方が潔すぎたのはあるけどそれも川崎自身の問題だと思う。
浦和も来年は試合毎にメンバーを少しずつ入れ替えていけるようになればいいなと思うな。

あ。
でも、誰が残ってるんだろう?
ワシさん、長谷部さんの移籍は確実のような気がする。
闘莉王、啓太もちょっとマニアックな所からオファーが来てたんじゃなかったっけ?
ネネも今の状況だといない確率のほうが高い気がする。
アレは戻るのか?
レンタル組みは延長か?
更なる補強はあるのか?

世代交代の時期は必ず来ます。
日本で頂点を極めれた時、選手の目に海外サッカーが映ってもそれは当然の事だし、彼らが抜けた後どうするかって言うのがクラブの力。
外から即戦力を獲得するのも大事だけど、自分のところで若い選手を育てていくのもまたクラブの力。
生え抜きの選手を愛するのは、ファンの心情として当然ありますからね。

オシム監督、倒れる

詳しい事はわかっていません。
先程、ニュースで「脳梗塞で倒れた」って言うのを見て、本当に驚いてしまいました。
高齢の上、持病を持っていたオシムさんです。薬を服用していたとも聞きます。
何でも、千葉のご自宅でプレミアリーグを見終わって倒れたとか。川渕さんが、涙ながらに後任云々ではなく、今は無事に回復してくれるのを願うと語っていましたが、それ程重い容態なんでしょうか?
良くわかっていないのにこうしてブログに書き込んでしまうのもどうかと思うんですが、なんか、いてもたってもいられない気分なんです。
本当に、無事であってほしいと思います。

野球の長嶋さんも、アテネに旅立つ前に倒れてしまいました。
王さんも、WBCで優勝したものの、胃に病を育ててしまいました。
今度はオシムさんですか?
監督業の、なんと過酷な事か…。

ずっと、千葉の監督でいていただけたら、倒れる事も無かったのでしょうか。
それを考えると本当に胸が痛くなります。

どうぞ、どうぞ、無事でありますように…。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

BSデジタル

地上波デジタルの放送が既に始まっていて、2011年には完全移行になりますので家電のお店でも地デジ対応テレビの販売に躍起になっています。
その地デジ対応テレビ、およびDVDレコーダーなどは余程安い物じゃない限り「地デジ」「BSデジタル」「CS110(e2)」のチューナーが内蔵されているはずです。
ですから、既にNHKBSをご覧になられている方は、新しいテレビを買ったら「BSデジタル」放送、つまり民放のBS放送は無料で見ることが出来ます。

マンションなどの集合住宅で、屋上などに既にパラボラアンテナがあるところもテレビの買い替えで見ることが出来ると思います。

ただ、一戸建てで地上波しか見ていなかった方は、テレビの他にパラボラアンテナを取り付けないとBS放送を見ることは出来ません。
今、いくらくらいで販売して、取り付け料がどれくらいかかるのかわかりませんがきちんと電気屋さんに頼んだ方が絶対にいいです。

そうそう、BSデジタルを見るには「B-CASEカード」ってのを本体に差し込まなければなりません。
うちは既にBSアナログを見ていて受信料も支払っているんで良くわからないんですけど、NHKのBS放送はWOWOWと違ってスクランブル放送にはしていないはずなんですよね。契約の手続きをしないままにしておくとテレビの画面に「受信料支払え~~~」って言うメッセージが出るらしいんですけど、それを我慢できたらNHKのBSもただで見放題なんじゃないの???

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。