スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川さん、金メダル

この五輪で初めての表彰台が、てっぺんです。

ショートプログラムとフリー。
どちらも隙のない演技でしたよね、荒川さんは。

面白いなと思ったのは、スルツカヤさん。
あんなにショートプログラムでいい演技していたのに、あのフリーはないだろうって感じですよね。感じていた違和感を「緊張からでしょうか、硬くなっていますね」と中継で語ってくれて、ああそうなのかと理解できました。

今の採点方法が、ジャンプのミスによる減点一つで順位が下がるって事がないのでサーシャ・コーエンの得点に村主さんが追いつけないって現実があるんですよね。
ジャンプでの失敗をコーエンとスルツカヤはスピンで取り返していました(多分)。
でも、演技そのものは私は村主さんの方がスルツカヤより良かったと思うんですよね。今は得点の詳細が公開されていますので比較も楽なんですが、見ると技術点は転倒などがあったためかスルツカヤより村主さんの方が上なんです。が、いわゆる芸術点で追いつけなかったんですよ。
日本人の感性だと、スルツカヤより村主さんの方が肌に合っているんで余計に演技力とかスケート技術とかで点数が低いのは納得いかない感じもします。
だってね、スルツカヤはスピンやるたびにビールマンでしょ?
これって点数はつくのかもしれないけど、全体の印象は「ビールマンばっかりやっている」って印象が残る気がするんです。

さて。
そこでふと思ったのが、浅田真央さん。
4年前、サラ・ヒューズが優勝した時3回転-3回転を決めてましたよね。
今大会は、採点方法が変わったこともあったでしょうけど荒川さんはコンビネーションジャンプを全て3回転-2回転にしました。他の選手もそうです。
浅田さんは3回転半をコンビネーションに入れる事が出来ます。
トリノで3回転半を決めた選手すらいません。

浅田さんのピークが今じゃなくて4年後なら言う事無いんですけど、今の状態を4年間維持し続ける事が出来るのを祈るしかないですね。
そして安藤さんは4回転。
体の状態さえ良ければ絶対に跳べるはずですし、3回転-3回転のコンビネーションだってうまく跳べると思います。

荒川さん、女子フィギュアでは「五輪最年長優勝」なんだそうです。
10代にピークが来るって事なんでしょうし、だんだん体も硬くなってくるんでしょうし、怪我をして滑れなくなる場合もあるでしょうし、痛いところだらけになっちゃって滑るどころじゃなくなるんでしょうね、二十歳を過ぎると。
ただスルツカヤが27歳の今までトップを走り続けましたから、安藤さんも浅田さんも頑張って欲しいなと思います。

村主さんはバンクーバーを目指すそうです。
なんだか嬉しいですね(^-^)
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。