スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民圧勝

地方選挙はどうしても用事を優先しがちで、投票行為そのものを棄権しがちなんですが、国政選挙は面倒でも行くことにしています。

今回の選挙、小泉さんは「郵政民営化を国民に問う“国民投票”である」と語ってきましたし、今回の結果はその問いかけにOKを出したんだとは思います。
それはそれでいいんじゃないかと思いますし、「郵政民営化法案」の中味をもう一度吟味して提出してくれればいいかとは思います。全く同じ内容ではどうかとも思いますのでね。

予算もこの議席で素通りしちゃうんですよね。

この圧勝に一抹の不安を感じるのは私だけなんでしょうか?
議席数に物を言わせて、憲法まで変えられてしまうんじゃないかという不安が拭いきれないのはなぜなんでしょうか?

唯一の不安回避のネタといえば、小泉さんが「来年9月には首相を辞める。伸ばすつもりはない」と言ってくれていることですが、同時に一年間は彼の元、外交でイライラさせられるのかと思うとそれも悲しくなってきますね。

正直言ってね。
4年前のテロの時より、ニューオーリンズを襲ったハリケーンの犠牲者の方が多くなりそうで、日本でも「想定外」の水害が今年も襲ってくれました。
それを考えると、いつまでもテロを相手にしている場合じゃないだろうと。
災害というのは、大きなものが一度起こってしまうとその復興に多大なる時間とお金がかかるものです。

日本はバブルの時に無駄遣いをしまくり、その付けが今思いっきり回ってきています。大多数の国民は年金などの将来の不安を抱えながら、毎日を過ごしています。自分達が少ない収入から税金を納めているのに、その税金は過去の借金(国債)の返済に回され、それでも返しきれずに借金は増え続けています。

今回の選挙で「郵政民営化賛成」と国民が判定した事の背景にはこうした事もあるんじゃないかと思います。まぁ、郵政を民営化しただけでこの状況が単純に且つ一気に改善されるとは思いませんが、道路公団の民営化が中々進んでいかない現実って言うのは無視できないような気がします。
私はまず道路公団が民間で健全に運営できているのを確認してから郵政を改善していってもいいんじゃないかと思っていたのもです。


頼むから、今回選出された新しい議員の皆さんは「郵政以外はわかりませんから」という事で、それ以外の法案をなぁなぁで通さないで欲しいと思います。

てか、とっとと自衛隊をイラクから撤退させて欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : 2005総選挙
ジャンル : 政治・経済

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。