スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和。

レッズプレスという有料サイト上で、森GMがインタビューに答えていました。

浦和レッズは2003年のナビスコ優勝、2004年のセカンドステージ優勝と、「常に優勝争いに顔を出す」チームへと変貌を遂げようしています。
ファンが待ち望んだ優勝に最も近いチーム、ではありますが、しかし、その位置を保つのは容易な事ではありません。
山瀬が去り、エメが去って、チームはどうするのだろうと思ったときに「現有戦力」でも戦えると思うと同時に、試合を見ていると「駒が足りない」と言う感覚も抱いてしまうわけです。
一ファンがそんな感覚を持ってしまうって事は、フロントから見たら「緊急事態」とも感じられる事でしょう。

そこでどうしても「補強」せざるを得なくなってくるわけです。
この「補強」というのは今年に限らず、常について回る問題なんですね。

今年のような、まるで事故のような離脱から、外国人選手であれば契約切れ、あるいは坪井君の時のような長期離脱を余儀なくされる怪我、更には若い選手の海外移籍。
特にサッカー界は人事異動が激しい世界です。
欧州市場が1年に2回、オープンになるその時に駆け込みのように激しく人が動き、日本人選手もその流れに巻き込まれるようになってきました。

そうした流れの中で、浦和に求められるのは「常に優勝争いをしているチーム」であり「アジア最強のチーム」なわけです。
欧州の列強が、リーグ戦とカップ戦の2チームを持つ「ターンオーバー」を考えているのと同様、浦和も「レギュラークラスが控え」という内的な矛盾と戦っていかなければならなくなっていくんじゃないかと思います。

決して弱いチームなんかじゃない横浜と磐田が、アジアでは戦い抜く事が出来ないでいます。
浦和が簡単にアジアの覇者になることなんて出来ないだろうとは思うのですが、フロントはそこまでを見据えて人を獲り、人を育てていかなければならないんですね。

そんな中で、犬飼代表は「華のある選手」という言い方をします。
何をして「華」というかは個人的な感覚の差異はあろうかと思いますが、実業団リーグ時代の選手の野暮ったさは今はどこにもないですよね。
で、逆に外国人選手に関しては「華」よりも「実」を求めて欲しい気がします。浦和に合ったサッカーが出来れば、「華」は咲いていくんじゃないかと思いますよ。


永井、啓太、長谷部、達也、坪井…これ以上、まだ「華」は必要なのかしら(笑)
平川、山田、堀之内、都築、岡野、細貝…マニア向けを含めて、顔面偏差値は高いですよね、浦和。
スポンサーサイト

テーマ : 浦和レッズ
ジャンル : スポーツ

イラン戦メンバー

GK
12 土肥 洋一
23 川口 能活
1 楢崎 正剛
DF
2 田中 誠
3 茶野 隆行
5 宮本 恒靖
14 三都主アレサンドロ
22 中澤 佑ニ
20 坪井 慶介
21 加地 亮
17 駒野 友一
29 茂庭 照幸
MF
15 福西 崇史
8 小笠原 満男
19 本山 雅志
25 村井 慎二
4 遠藤 保仁
30 阿部 勇樹
26 今野 泰幸
FW
28 玉田 圭司
16 大黒 将志
27 田中 達也
9 巻 誠一郎

まぁね。
今回は東アジア選手権から日がありませんし、「同じメンバーでいく」って言っていましたから別にこのメンバーでも構いませんけど、達也は駄目でしょう。代表のドクターが、14日の試合に出たいっていう達也に対して「一週間は無理させられないだろう」って言っているのを聞いていなかったんでしょうか?
てか、浦和サイドから「絶対拒否」を申し出て欲しいです。
軽症のぎっくり腰とは言え、「あんな痛さは初めて」で「腰をテーピングでぐるぐる巻きにして帰国」しているんですから、初めからメンバーに入れないで欲しかったって気がするんですけど、そういうのってどうなんでしょう?
又、自分の目で様子を見てとか言い出すんでしょうか?
動けないでいる達也をその目で見ているはずなのにね。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

日韓戦

今日の日韓戦で東アジア選手権の全日程が終了しました。
結局男子は中国が優勝し、なでしこは無得点のままでした。
なでしこに関しては、アテネのメンバーの一部に怪我があったりしている中、確か2ヶ月程度の合宿で今回乗り込んでいるんですよね。
運動量は負けていなかったと思いますので、今度は得点に結びつく形をしっかりと作れるようにして欲しいと思います。いいチームだと思いますよ、今回のなでしこも。(川上さんの出番があるともっと嬉しい)

さて、今回の東アジア選手権。
「同じグループでの連携を重視」って言う、ジーコの哲学が炸裂しましたね。特にDFラインに関しては「総とっかえ」する方がいいと考えているようですが、今日の坪井君の負傷交代を見てもわかるとおり、「一人だけ代わる」のが普通なんですよね、試合中は。DFに限らず、全ての選手、GKだっていつどこで怪我をするかわからないんですから、「レギュラー組み」といかに順応させていけるのかって言うのを、私達ファンは見てみたい気がするんですよね。
そういうのを練習の段階からやっていてくれれば、不安感はあまり感じないでいられるのかもしれません。そういうのが新聞の記事などで見ることが出来ないから不安なんだろうとも思いますけどね。

レギュラー組といわれてきた選手とサブ組みを一気に代えたのは、おそらく北朝鮮戦での試合内容に伴う敗戦が原因だと思います。
3試合しかない中で、初戦を落としたとあっては優勝する事は出来ませんし、その中で残り2試合の意味づけをどうするのかって言ったらサブ組の見極めに摩り替わっていったんじゃなかったかと思います。
もし、北朝鮮戦で負けていなかったら、これまでの大会同様「勝ってる時はメンバーを変えない」って言う哲学が炸裂していたんでしょうね。
そしてろくなメンバー交代もないまま面白みを感じる事無く大会は終了したのかもしれません。

達也が腰を痛め、坪井君が足を痛めたのを見るとそっちの方がよかったかもとか思ってみたり…。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

達也、腰痛

練習中に、腰を痛めてドクターに両脇を抱えられている達也の写真がサンスポのサイトに掲載されています。

急な腰痛って事なんですけど、それって、ぎっくり腰って言いませんか?

なんだか浦和の選手と代表って相性が良くないんでしょうか?
坪井君は「誤診?」されて、結果的に半年以上の長期離脱。
山田さん、都築さんは茨城の夜のお店の一件で呼ばれなくなっちゃったし。
これで達也までが壊れちゃったりしたら…
怖いです、とても。

ファンの立場から勝手な事を言わせてもらえるなら、一日も早く浦和に帰ってきて欲しいです。韓国戦なんてうっちゃって構わないから。

中国戦

中国が思ったほど弱くないのも感じました。
急造イレブンである事を考えればよくやっていたんじゃないかと思いますが、あの、横パス、バックパスの多さはアテネ組が組織し始めたばかりの頃のようでしたね。
この試合、阿部、茂庭、今野、駒野、達也とアテネ組みが5人も入っているんですよね。
でも、せっかくのチャンスだったのにいい動きが見られなかったのは残念です。1年離れていると呼吸なんて忘れちゃうものなんでしょうね。
位置的なこともあるでしょうけど、きちんと前を向いてプレイできていたのは達也だけでしたよね。
達也の得点シーンでは、茶野君が上がっていましたけど、茶野君じゃなくて阿部ちゃんに上がって欲しかったですよね。あれだけのプレースキックの制度を持っているんです。ミドルシュートが打てる位置にいてもいいじゃないですか。守備的な事は今ちゃんだって出来ます。
カウンターが怖いのはわかりますが、あそこまで守備に人数をかける必要は無かったかもしれません。

ただね、合わせる時間がなかったって言うのも現実だったりしますよね。
駒ちゃんなんて韓国で合流ですから。
総とっかえが悪いとは思いません。
むしろ、時間がない中で「サブ組み」「紅白戦要員」として練習していたメンバーだからこそ総とっかえでも大丈夫だと思ったのかもしれませんけど、でもね、「サブ組み」をチームとして成熟させていく事は考えていませんよね。
考えてみたらそんな急造チームでよくやったといってやったほうがいいのかもしれません。
くしくも茂庭さんが「もっと話し合えれば」と言っていましたけど、それが「急造チーム」って言うのを象徴した言葉ですよね。
特に守備ラインは呼吸を合わせる事が要求されるポジションです。また、今ちゃんと阿部ちゃんは共に守備意識の高い選手、どうしても後ろに行きがちです。茂庭が再三上がっていったのはそんな二人の性質を知っていたからだとも思えますが、村井君がまだ合わなかったのはそれぞれの線s乳の特性を把握しきれていなかったからなんでしょうね。

福田さんが「唯一チャンスをものにしたのは達也」と語っていましたが、ゴールという結果を出しましたからね。
明日の新聞は達也一色でしょう。

コミュニケーション不足を補って余りある達也と巻君のコンビネーションだと感じましたけどね。大黒、玉田がうまく絡めていなかったのと比べちゃうと達也が魅力的に移っても仕方ないですかね。

世界水泳

今日(現地時間では日曜日)最終日を迎えた世界水泳。
優勝こそありませんでしたが、全体の底上げは出来ていると実感させてくれる大会でした。

さて、日本人はこうした国際大会が好きです。
オリンピックが一番ですが、競技別の大会でも「国際大会」となると興味を持つ国民性があります。(男子バレーの様に低迷していると遠征している事すら気がついてもらえない場合もありますが)
単純に、世界一を感じるのが心地いいって言うのもありますが、日本以外の国を感じるのも又好きなんだと思います。

「こんな国もあるんだ」
「どこにあるんだろうこの国は」
「どんな国なんだろうこの国は」
1人の選手の背景にあるものを感じ取るのも面白いと思える気質を持っているんじゃないかと思います。
一番にならなければ注目はされませんが、背景にドラマがあれば一番じゃなくても注目します。

それもこれも「テレビ」という伝達媒体があればこその現象だろうとは思いますが、それでも、です。
オリンピックの閉会式で各国の選手が入り乱れて踊る姿や、観客席で肌の色に関係なく応援する姿を見ると「人としてあるべき姿」をそこに感じるのは感傷的過ぎるでしょうか。

日本がアジアで試合をすると、昨年のアジア大会でもあったようにかなりのブーイングを受けます。
それが単純に「強い日本」と言うものに対してならいいのですが、政治的な匂いを感じさせるような応援は悲しくなってしまいますよね。
まぁ、韓国と北朝鮮という「同じ朝鮮半島」を分けてしまっている現状は彼らの中でも非常に複雑で感傷的にならざるを得ない部分があるとは想像しますけどね。
それでも、「世界」は以前ほど遠くはないと思います。
政治家も、スポーツ選手も、市民も、自分達の言動を世界が見ていると思わなければなりませんよね。

それを考えると言論統制されてしまう政治体制って言うのは、もう現状では通用しなくなってきているのかもしれません。

私が生きているうちは難しいでしょうけど、「地球人類」というのを一人一人が感じながら生活していかなければならない時代もやってくるでしょうし、「宇宙での生活」が現実味を帯びてくればそれは嫌でも感じなくてはならなくなってくるでしょう。

宇宙から地球を見ると、国境なんてないんですよ。

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。