スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮戦

がっくりでございます。
セルジオさんじゃあありませんが、これ程良くない日本は久方見ていないですよね。
なぜ、あんな試合しか出来なかったのか。
もうね、勝てなかったかって言うよりも、ミスの多さにちょっと苛立ちを覚えました。

国内組みだけで試合をする事を決め、新しい選手も呼び合宿もしっかりと行ったじゃないですか。
なんだかね、後ろから前へのパスのイメージが俊輔とかヒデに向けてのパスに見えたんですよね。いや、これは私の脳裏にコンフェデのイメージが残っているせいかもしれませんし、試合が落ち着いてからはそういうのは感じなくなりましたけど、なんか「ボールの収まりが悪い」と感じるコンディションでしたよね。

負けた時の戦犯探しや個人攻撃は良くないと頭ではわかっています。
失点シーンだけじゃなくて試合全体を見ても「判断が遅い」って言うのは凄く感じましたから、今日の負けは誰かが悪いわけじゃなくて(そんなわかりやすいものなら監督が選手を交代すればいいわけですから)、本当に全員が今どこに走ればいいのか、どこにボールを出せばいいのかって言うのが理解されていないような感じでした。

確かに玉ちゃんよりは達也の方が走れていたかもしれませんが、本山さんより村井君とアレを交代させて欲しかった。4バックなら尚更、アレを代えて欲しかったですね。暑さのせいなのか、これまでになく、本当に酷かったですから。

次の試合はメンバーを一新して挑んで欲しいものです。
スポンサーサイト

ジーコ?

昨日から千葉県内で代表合宿が始まりました。
そこで「久保、辞退」についての質問が出た時に不快感を露にしたそうです。

「クラブであれだけの動きをしていて、その人間がいきなり(治療のために)注射を打つのは考え違い」とバッサリ。そして「もし代表に興味ないというならば分かる。来てもらってから駄目というならまだいいが…」(スポニチ)

ちょっと待て。
Jリーグを日常的に見ていて新聞などの情報を得ている日本のファンは「何で久保を呼ぶの?」って言うのが極めて普通の反応で、今の久保の状態が代表で戦えるものではないって言うのはファンなら感じ取っているところじゃないかと思います。

「クラブでアレだけの動きをしていて」
とは言いますけど、ファンにしてもクラブにしても久保自身にしても「調整段階」だと思っていますし、大体フル出場もしていない選手を呼ぶ方が間違っていると思うんですけど。

「来てもらってから駄目と言うならまだいいが…」
良くないです。自分の目で確かめたいって言うなら自分が横浜に出向いて練習をしっかりと見ればいいことじゃないですか。クラブで長期離脱をしている選手を招集したいと考えているなら、天井から見ているだけじゃなくて選手やクラブのドクターと直接会って話しをした方がいいじゃないですか。それもしないで「来てもらって」って言うのは、なんだか偉そうですよね。

同時に、横浜側としても昨年の代表召集時に出場時間がお願いしていたよりもオーバーしていて、久保の容態が悪化してしまったと言う思いがあるようです。だったら壊される前に断ると考えるのは当然じゃないでしょうか。それに、追加召集させるにしても早い方がいいでしょう?だったら早めに辞退するのも当然じゃないかと思うんですけどね。

久保に関しては「他の選手とは違う」っていうのは誰もが感じている事です。特別扱いだろうとなんだろうと、連絡を密に取っていても誰も贔屓だなんて思いません。てか、体調が万全ならどんな形で召集されても構わないと思いますが、怪我持ち、持病持ちの選手を招集したいと考えているなら自分だけの判断ではなく協会、クラブ、本人と連絡を取り合って欲しいと感じます。

てかさぁ、エドゥーはジーコに何を報告しているんでしょうねぇ。
日本人の、発言力のあるコーチがやっぱり必要なんじゃないのかしら。

ヴェルディ

東京V3-0レアル・マドリード

「エースをねらえ!」と言う名作漫画があります。
その中でこんなシーンがありました。
主人公の岡ひろみが初めて海外の選手と試合をするシーンで、何ゲームかこなした後、相手の選手のコンディションがあまりにも良くないと判断して試合をやめさせるんです。
試合といっても遊びに来た海外のお嬢さんとひろみが軽く打ち合うっていう位の「非公式」のものでしたが、この時宗像コーチは言いました。
「あまりにもコンディションが悪すぎる。例え勝ってもお前の為にはならない」

今日、レアルの状態を見ながら私はこの宗像コーチの言葉を思い出してしまいました。
レアルの夏巡業は今年に始まった事ではありませんが、いくらなんでも来日して翌日に試合って言うのはあまりにも酷いスケジュールのような気がします。昨年も感じたのですが、この夏巡業のおかげでどうにもコンディションが上がらないままシーズンインしてしまい、そのままシーズンを過ごしてしまったんじゃないかって気がしてしまっていたんです。
確かにクラブとしてはこの夏巡業で年俸の一部をまかないたいと考えているでしょうからやらないわけにもいかないとは思いますが、こんな最悪なコンディションで試合をしても互いの為にならないと思いますよ、本当に。
勝てなくて勝てなくて足掻きに足掻いているヴェルディ相手に完封負けって言うのは、Jの状況を見ている人間からすると「レアルってこんなものなの」と感じてしまいますから。
よもや状態のいいときの選手達があれほど走らないとは思いませんし、高々親善試合ですから適当にやっていたにしても、リーグ戦に向けてやっぱり心配はしてしまいますよね。

そしてヴェルディにしても、こんな走らないレアルに勝ったとしても上昇のきっかけにはあまりならないんじゃないかなって感じます。
ただ、決定力にかけていたレアルとは言え完封できたって言うのは良かったかもしれませんね。まぁ…、今日のレアルと、次に戦う大宮と比べたらチームコンディションは大宮の方がはるかに上でしょうから、改めて守備の意識を再構築していく必要はあると思いますけどね。

それにしても日テレさん。
物凄い実況でしたね。「レアルってこんなに凄いんだよ」って言うのを、「全国放送」で示したかったのに、レアルの体たらくでプランはボロボロになってしまったみたいですけど、せめて中立でやってほしかったですね。
ただ、関東ローカルにしないでくれたのはありがたかったです。
海外クラブとのプレシーズンマッチは、基本的に関東ローカル(地元局)になりますからね。それを考えると、レアル様様なんでしょうけど、でも、日テレの実況は好きじゃないです。
トヨタカップを放送していたのを実績として「日テレは海外クラブに強い」と言うプライドがあるのかもしれませんが、正直、どの局の実況と比べても日テレの実況は面白いとは感じません。
その昔、船越アナがオリンピックの実況で物凄くうるさい「ゴール!!」をやらかして以来、いい印象をもてないって言う偏見を持ってしまっているのかもしれませんけどね。

ま、どこの実況も似たり寄ったりだとは思いますけどね。

清水戦

昨年、尽く跳ね返されていた「日本平の壁」。ギドをして「もう日本平でやらなくてすむ」と言わしめた高くて厚い壁は、同時に「東海地区での苦手意識」に繋がっていました。
そんな清水戦、前半0-0で終わった時には引き分けでも仕方ないと、チラッと思ってしまいましたよ。清水に押し込まれている時間も多かったですし、バーに助けられたシーンもありましたしね。
そんな中でも、達也の動きは良かったです。
アシスト一つだけでは納得いかないとは思いますし、実際キーパーと1対1のシーンもありましたのでそこで決められないのは非常に残念ではありましたが、動きは素晴らしく良かったです。
少しエゴイスティックに自分で突っかけて決めに行き、時には外に開いてセンタリングを上げる。今の達也にできるありとあらゆるアプローチを堪能できました。
背景にフル代表に呼ばれたって言うのは否定できないと思います。
「選出された」って言うだけでもテンションは上がりますし、同時に「選出されただけ」って言う思いもあったのではと思います。
ずっと選ばれ続ける為には、いいパフォーマンスを続けなければなりませんし、その第一歩だったかもしれません。ノリノリでキレキレって感じでしたね、昨日の達也は。


さて、北朝鮮がアジアユースの地区予選開催をAFCに返上しました。
理由はわかりません。
憶測するしかないです。
資金が調達できないのか、あるいは社会情勢が「それどころじゃない」って事なのか。はたまた、将軍様の興味がサッカーにはないって事なのか。
ユースなので興味はないのかもしれませんが、実はこの年代は北朝鮮が強いって話しもあって(Nグループは、北朝鮮、台湾、日本)、北朝鮮で開催できるって言うのは地の利を最大限に生かせて有利のはずなんですけど、それをしないって言うのはなぜなんだろうと思ってしまいます。
日本からしたら有利この上ない事ですが、どうしても政治を絡めて勘ぐってしまう北朝鮮の情勢ってどうなんだろうと考えてしまいますよね。

テレビ中継

その昔、テレビがまだ「街頭テレビ」だった時代、人は力道山に夢中になりました。
「巨人・大鵬・玉子焼き」と言われた時代もありました。

そして今、スポーツ中継は「お金を出して見る」時代になってきています。が、多くの日本人にはテレビ番組をお金を出して見る(例え安くても)感覚はあまりありません。
そうなるとコマーシャルがたくさんぶち込まれる地上波の中継を見るしかないわけですが、無料で見ているんだから文句を言っちゃいけないと思いつつ、それでも不満はどうしても出てくるものです。

私はファンサイトは浦議しか見ていませんが、そこでは「解説に腹が立つから地上波は見ない」という方も多く、殊にテレビ朝日は代表戦を多く放送する分標的にされることも多いような気がします。
確かに、関東ローカルとは言え時々Jリーグ中継をしてくれるTBSと比べると「Jをないがしろにして、代表に特化しすぎ」と思われても仕方ないですよね。(更に東スポに「テレ朝、120億円で代表戦独占」なんて見出し付けられちゃっていますからね)

そんなテレビ(地上波)でのスポーツ中継で、困ってしまうのがテレビ東京と日テレ。
関東にお住まいの方には実感されにくいかもしれませんが、テレビ東京は関東ローカルです。アニメや一部の人気番組は地方でも放送されますが、3ヶ月遅れです。無論、ライブが中継される事はありません。
これはもう諦めるしかないですね。今年に入って試合があるはずなのに巨人戦の中継がなくて番組表を良く見たらテレビ東京だった事が2回ほどありました。

そして日テレ。
これは私が住んでいる地域だけの問題なんですが、電波の関係で上手く日テレが受信されません。今年はまだましですが、画質はゴーストが酷くて全く綺麗じゃない上に音声はノイズが入りまくりであまりにも耳障りで、視聴に耐えられないんです。まぁ、ヴェルディの試合も放送は関東ローカルですし、巨人戦以外はスポーツ中継も多くないのであまり問題はないのですが、各局に振り当てられている代表の試合とか、昨年までのトヨタカップとかはちょっと悲しくなります。

柔道の世界選手権はフジテレビ。(バレーボールも)
世界陸上はTBS。
世界水泳と高校野球はテレビ朝日。


私はNHKの中継が一番好きです。
…お金払ってみていますよ、BS。

引退

キング・カズがJ2横浜への移籍を発表した今日、福岡のDF木場昌雄さんが退団、引退を決めました。

引き際には色々な形があります。
「世代交代」と言う大義名分の中で押し出されるように、あるいは半強制的に「引き際」を突きつけられて引退を決意する事もあるでしょうし、J2であっても現役を少しでも長く続けようと思う人もいるでしょう。

福田さんは「レッズ以外のユニフォームを着ることを考える事が出来なかった」と、所謂戦力外通告の時に引退を決めました。
時を同じくして井原さん、北澤さんもユニフォームを脱ぎました。それぞれ怪我もあったでしょうから現役にこだわれる状態にもなかったのかもしれませんが、私は井原さんにはもう少し現役にこだわる選択肢を視野に入れて欲しかったと思っています。
他の選手ならいざ知らず、あれほどの代表経験のあるDFは他にいません。
J2の舞台は華やかさはありませんが、若くて上しか見ていない活きのいい選手も多くいます。そうした若い選手に、現役の選手として色々なものを見せて欲しかったと思います。
確かに足は遅くなっていますし、速いFW相手では振り切られるのも目に見えています。それでも、守備って言うのは経験が物を言うポジションでもあるはずです。その経験を風化させないためにも少しでも長く現役にこだわって欲しかったと、今でも思っています。

そんな中で、カズは現役にこだわる選択をしてくれました。
試合数の多いJ2の中でどれだけチームに貢献できる働きができるのかわかりません。しかし、怪我と上手に付き合う体作り、ゴールに対する意識など若い選手からしたら吸収できるものはたくさんあるはずです。
もしかしたら城も再生できるかもしれません。

藤田さんの移籍も、そんな「現役にこだわる」姿の表れじゃないかなと思います。
だって、動く体があるんですから。

冒頭で名前を挙げた木場さんは昨オフにガンバからゼロ円提示を受け、今シーズン福岡に移籍しました。昨シーズン中から足の怪我に苦しみ、状態が上がらないままの移籍で、今シーズンもずっとリハビリを続けてきたのですが、チームに貢献できないと判断したのでしょう、今日、引退を発表しました。
怪我を期に引退を決意する人は少なくありません。
現在「フリーのプロサッカー選手」という肩書きになってしまった岩本輝雄さんも怪我に苦しんでいます。しかし、彼はまだ引退はしていません。グラウンドに立つ日を模索しています。
悪あがきと感じる人もいるかもしれませんが、私は個人的にはギリギリまで悪あがきをして欲しいと思っています。

あがきたくてもあがく場のない人の方が多いですから。

引退は、いつでも出来ます。

東アジア選手権メンバー

GK
土肥 洋一
川口 能活
楢崎 正剛
DF
三浦 淳宏
田中 誠
茶野 隆行
宮本 恒靖
三都主アレサンドロ
中澤 佑ニ
坪井 慶介
加地 亮
茂庭 照幸
MF
福西 崇史
小笠原 満男
本山 雅志
村井 慎二
遠藤 保仁
阿部 勇樹
今野 泰幸
FW
久保 竜彦
玉田 圭司
大黒 将志
田中 達也

久保さんはないでしょう、ジーコさん。
マリノス系のマガを拝見しているだけでも、完全な状態じゃないってのはわかりますから、現場の人間だったらもっと良くわかりそうなもんじゃないですか。
「だってこの間の試合だって出たじゃん」
久保さんの状態が良ければ先発で出していましたよね、ジーコさん。

私は又マリノスとやりあうんじゃないかと感じちゃっていますが、どうでしょう。

まぁ、久保さんの先発はちょっと考えにくいのでFWは玉ちゃん、大黒さん、達也で回していくことになりますね。なんか楽しみです♪

で、紅白戦要因になりそうな今ちゃんと阿部ちゃんですが、しっかりとアピールして欲しいですね。
かわいそうなのが隼磨と松田さんですけど、負け試合、それも完敗した試合じゃどうしようもないですよねー。もし、仮に、横浜が東京をチンチンにしてたら隼磨と松田さんが選ばれていたかもしれませんね。今ちゃんと茂庭さんじゃなくて。

韓国か北朝鮮戦で出してくれないかな、今ちゃん。
いい仕事すると思うけどなー。

エメ、カタールへ

中村さんがブラジルに行くためにビザを取っているって話しはなんだったのかって思うんですが、森さんが言うには「6月21日か22日に、相手クラブ(アル・サド)に、エメと直接交渉しても言いといった」って言うんです。

ふむ。

そこで交渉を解禁しても、その事について何にもいってこなかったって事なんでしょうね。
きっと、交渉の状態がどうなっているのかを確かめのが目的であって、「首に紐をかけて日本につれて帰る」だけが目的ではなかったのでしょう。

ふむ。

そう考えるとクラブ側の動きは少しわかってきますね。
エメ自身が昨年「どんな高額オファーがあっても浦和がいい」と言っていた言葉に嘘はなかったと思いますし、クラブもそれを信じました。
天皇杯免除はおそらく契約された事だったのでしょうから、シーズン終了後すぐに帰国してしまったのは当然で、同時に始動日に戻るのも当然の事のはずなんですが、ここでエメは戻りませんでした。
キャンプをすっ飛ばしてシーズンインしても、思うような結果が出ないのは当然の事で、残念ながらエメ1人が落ちていたんじゃなくて達也も永井も落ちていたところでシーズンインしてしまったって言う、残念な開幕となってしまい、勝ち星が遠かったんですね。

ただね。

「ずっと自分を使い続けてくれる監督に感謝」と初ゴールの後に語っていましたが、エメを先発で使うのは「契約」に織り込まれていた感じですよね。

それでも状態が上がってこない事に関しては、エメ自身がジレンマを感じていたんじゃないかと想像しています。
だから今回の移籍に繋がったんじゃないかと。
浦和から日本から逃げたんじゃないかと。

でもねー。
どうせなら、去年のうちにフロントも見切る勇気を持って欲しかった気もするし、エメ自身も欧州に挑戦してカナリア色のユニを着るんだって気持ちを示して欲しかったですね。

森さんは「今移籍に踏み切ったのは互いにとっていいタイミングだった」と語っていますが、これは「これ以上長引かせて山瀬の時の様に移籍市場が閉まってしまう前でよかった」って言う意味だと思います。
誰が見たって「ベストタイミング」なんかじゃないですからね。

ちなみに何でネネが残ったのかって言いますと、ポンテさんの知り合いだってのが大きいと思います。やっぱりオフでもリラックスできるとオンでも結果が出やすい、って事なんでしょう。

エメとアルパイ

スポーツ選手って言うのは存在感も含めて人それぞれだと思うし、受け止めるファンの意識も又千差万別であろうとは思うのですが、日本人の根幹を成す感情として「理解しがたい天才より努力型の秀才」を好む傾向があります。
その昔、王貞治選手がピッチャーからバッターに転向して、「荒川道場」と呼ばれるマンツーマンのコーチを受けて努力を積み上げていたと言うのを話題にされており、「世界のホームラン王」は才能を努力で開花させた人だというイメージを持っておりますし、そのイメージは決して実像から遠いものではないような気がします。
勿論、天才が嫌いな訳ではありません。
凡人には思いもつかないようなことをされて、驚きと感動を得るのは新鮮だし楽しいものです。

しかし、です。
スポーツ選手の場合、ファンは「練習を見学」出来ますよね。
特にサッカーは試合が週に一度(多くて二度)ですから、練習している時間の方が多いんです。その多い時間のほとんどをファンに開放しています。
ファンは、その練習態度を見る事が出来るわけです。
その「練習態度」が素晴らしくいい選手と、あまり好印象を抱けない選手。
それがアルパイとエメでした。
私自身はエメの練習風景を見た事はないのですが、有料サイトに掲載されていた記事によると「今日も練習を途中で引き上げた」と言う記載を多く見た記憶があります。

練習なんかしなくても、試合で結果を出せればいいじゃないか。

確かにそうですが、どうにも受け入れがたいものがあるんですよね。
エメの中の常識の中では、おそらく「このくらいの練習で結果は出る」と考えている部分もあるんだろうと思いますし、それで通用しちゃっているJリーグって言うのもあるんだと思います。

ですから、アルパイのように「練習でも手を抜かない紳士」は大好きなんです。
たとえカードトラブルが多くて計算しにくい選手だとわかっていても、しっかりと先頭を走るアルパイが大好きなんです。
だからとても複雑なんです。
あの激しさも、頼りがいのあるヘディングも大好きだし、昨年の優勝を彼のディフェンスが支えた部分があるって言うのはファンなら感じ取っている事でもあるんです。
だから余計に複雑なんです。
言葉は悪いんですが、審判と迎合する事が出来ない。
性格なんでしょうね、自分自身に嘘がつけないって言うのは。
それが災いしてしまったと考えざるを得ないのは、本当に残念でなりません。

私は、特権をたくさんもらって2億も年俸をもらっているエメより、天皇杯まで試合に出てくれたアルパイの方が好きです。
たくさんたくさん得点してくれて浦和の勝利に貢献しているエメを好きになろうと自分に言いきかせていた部分が私には凄くあります。
凄いなと、その実力は認めていますが、それと好きな選手っていうのは別のものだと言うのをこの数日間で凄く思いました。

昨日の試合、字面は全て「漢字表記」と言う浦和のメンバーに喜びを感じていたのも私です。

エメ

未だ来日したとの記事が見当たらないエメ。
今日試合があると言うのに来日しないエメ。
3年連続、始動日に現れずキャンプ直前のファン感謝デーに出席した事のないエメ。

6月に「ブラジルに一旦帰国」と言う一報を耳にして、浦和のファンの意識に「ちゃんと帰って濃いよ、エメ」というものがあったのは事実です。
そしてそれは現実のものとして現れてしまいました。
約束した便に、5日連続で搭乗しなかったエメに対してクラブは「史上最高の罰金」を考えているとか。そして森GMは「取った時にお金がかかっているからね。簡単に解雇には出来ないが相応の金額が動くなら放出もない話ではない」と語ったとの記事がありました。
そこへ持ってきて「横浜はお金があるぞ」って言う某メルマガのネタも。そこによると「安は切った。別のタイプの外国人FWがいい。そして、横浜にはその金もある」って言うんです。

今のエメが浦和にどれ程の好影響をもたらすのか、想像すら出来ませんが、正直言って「脱エメ」のいいきっかけにして欲しいです。

エメがいなければ何も出来ないチームなのか、浦和は。

そんなチームじゃないと信じたい。
確かに最大のポイントゲッターを欠くのは辛いものがあります。
しかし、一人で2得点するのは無理でも、1人で一点、二人が得点すれば一試合で2得点できるじゃないですか。
全員でしっかりと守って、全員で取れる得点はなにが何でも獲りにいく。そういう試合をして欲しいです。

エメは、できれば海外でやってほしい。
可能ならスペインあたりでやってほしい。
イタリアじゃ守備的過ぎますからエメには合いそうもないですから、やっぱりスペインで。そしてセレソンになって欲しい。
カナリアカラーのユニを着るエメが見たいです。

フリーエリア

懸賞・小遣い ちょびリッチ
退屈しのぎにクリックしてみて。

うらない~

プロフィール

jin

  • Author:jin
  • スポーツが大好物。

    ついでにロックも大好物。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。